占いツクール
検索窓
今日:14 hit、昨日:2 hit、合計:60,599 hit

35 ページ39

レイ「は?なんで私?」




レイは頭の上に?マークを浮かべている。そして東堂はぱちぱちと瞬きをし続けている。華代も東堂と同様。




新開「だって、1人じゃ選べねーからさ。…内t「ああー、わかったわかったー。ちょっと隼人こっち来て。」




レイは新開が喋っているのをわざとらしい棒読みの喋りで遮った。
そして新開の服の裾を引っ張って、急ぎ足で東堂も華代から離れる。2人には…というか、華代に聞いて欲しくない会話だから。





大きな目で新開を睨みつける。
新開は冷や汗をかきながら苦笑いをした。

ひと息ついてから、彼女はその薄い上唇と下唇を離れさせ、ソプラノトーンの綺麗な声をその間の穴から発した。




レイ「あのね、華代の前では貴方は妹の誕プレを買いに来たことにしといて。そうじゃないと、私が死ぬから。あと、貴方は華代と行動して。これも私が死ぬから。あー、尽八とでもいいよ。あの人女心とか分かると思うし…多分。」




息継ぎ無しで全部言い切ったので、レイは酸素を求めて呼吸をする。そして「わかった?」とでも言いたいかのように、新開の腕をギュッと、自分の出せる最大限の力で握った。




少し考えてから、新開は「OK」と言った。何故そうしないといけないのか、そうしなければレイの命がなくなるのか、物凄く気になったが、聞いても答えてくれそうになかったので、あえて聞かないことにした。

36→←34



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:弱虫ペダル , 東堂尽八 , 荒北靖友   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もち米太郎(プロフ) - しおらんさん» コメントありがとうございます!!東堂めっちゃ好きで勢いで作っちゃいました笑行き当たりばったりの思いつきの話なので本当文才ないですけど今後も頑張りますんで今後もよろしくお願いします! (2018年9月11日 6時) (レス) id: 498205eb8a (このIDを非表示/違反報告)
しおらん(プロフ) - 凄く面白いです!荒北も好きだけど東堂かっこいいです!早くくっついてほしい!これからハラハラしそうな予感ですが続き楽しみです!頑張って下さい! (2018年9月10日 13時) (レス) id: 097333551a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もち米 | 作成日時:2018年8月13日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。