占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:19 hit、合計:60,578 hit

34 ページ38

2人が駅に着くと、東堂と新開はもう既に着いていたようで、新開なんてクレープを食べているではないか。その姿を見て、華代は愛おしそうに微笑んだ。





待ち合わせ時間は10時半、今は10時27分。男勢2人は、10時過ぎからそこにいた。東堂曰く、女より先に待ち合わせ場所に居るのが男の役目らしい。




華代「ごめんね〜!待った?」




東堂「いいや、オレ達も今来たところだ!」




東堂は、こう言う時の決まり文句を爽やかに言って笑った。




レイ「なのになんで隼人はクレープ食べてんだろーね?」




東堂は苦笑いをして目線をずらす。




東堂「というかレイ、今更いうのもなんだが、おまえ高校になってから性格悪くなってないか!?内等が原因だな!あいつはどうにかしないとな。」




レイ「あーちゃんは原因かもだけど、何もしないであげて。」




そんなこんなで電車が来たので4人は車内に乗り込んだ。華代とレイは座席に座って、華代の携帯の液晶を眺めている。
そんなレイの姿を、東堂は真剣な眼差しで見ていた。









15分弱で、目的の駅まで着き、ショッピングモールの中へと入る。今日は日曜日、そして最近出来たばかりのショッピングモールということもあり、中は人でいっぱいだった。





多分全員で行動していると、互いの行きたいところ全部は回れないだろう、と東堂は考えた。まぁ正直なところ、レイの付き添いとして来ている東堂自身は見たいものはあまりないのだ。




東堂「そうだ、2つに分かれて行動しないか?その方が効率が良いと思うのだが。」




レイ「そうしよっか。」




新開「ぁあ、それは良いな!じゃあレイ、行こうか!」

35→←33



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:弱虫ペダル , 東堂尽八 , 荒北靖友   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もち米太郎(プロフ) - しおらんさん» コメントありがとうございます!!東堂めっちゃ好きで勢いで作っちゃいました笑行き当たりばったりの思いつきの話なので本当文才ないですけど今後も頑張りますんで今後もよろしくお願いします! (2018年9月11日 6時) (レス) id: 498205eb8a (このIDを非表示/違反報告)
しおらん(プロフ) - 凄く面白いです!荒北も好きだけど東堂かっこいいです!早くくっついてほしい!これからハラハラしそうな予感ですが続き楽しみです!頑張って下さい! (2018年9月10日 13時) (レス) id: 097333551a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もち米 | 作成日時:2018年8月13日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。