占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:20 hit、合計:60,290 hit

3 ページ3

上履きに履き替え、レイと有紗はボーッと華代のことを見て待っていた。
華代は鞄の中をずっと漁っている。




華代「ない!上履きがない!…有紗盗んだ?それともレイ?」




有紗「アンタの汚くて小さい上履きなんて盗む訳ないだろ。というか何で下駄箱に入れっぱにしない訳?」




華代「新品のにしようと思って汚いやつを持って帰ったの!」




レイ「部屋に忘れちゃったんじゃないの。ほら、華代って馬鹿だから。」




華代「ナチュラルに毒を吐かないでぇっ!それはない!多分!いや絶対にねっ!」




華代の焦りはさっきよりも増し、鞄の中の物をもの凄い速さでポイポイと投げ出した。無心に物を投げ続けていた為、手に持ったモノが何なのか確認せず、色んな方向へ投げ続ける。

後ろから、そのモノが人に当たったような音がした。そして当たった主の声だろうか、「ぶべっ」と不細工な声が聞こえる。




華代「…あ、」




レイと有紗には見えていた。誰に上履きが当たったのか。有紗は必死に笑いを堪えようとする。レイは相も変わらず人形のような無表情で有紗の背中をさする。




レイ「華代、振り向いたら貴女の命はきっとないかもね。…でも今逃げたら死ぬよりももっと酷いことになると思う。」




レイは悪魔のように華代の耳元で囁いた。華代はブルっと震え、息を飲む。

だいたい予想はついていた。上履きが当たったのは、過去、不良として怖がられていた荒北靖友。華代は殴られる覚悟で一気に振り向く。





華代「さーせんしたぁぁ!!」

4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:弱虫ペダル , 東堂尽八 , 荒北靖友   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もち米太郎(プロフ) - しおらんさん» コメントありがとうございます!!東堂めっちゃ好きで勢いで作っちゃいました笑行き当たりばったりの思いつきの話なので本当文才ないですけど今後も頑張りますんで今後もよろしくお願いします! (2018年9月11日 6時) (レス) id: 498205eb8a (このIDを非表示/違反報告)
しおらん(プロフ) - 凄く面白いです!荒北も好きだけど東堂かっこいいです!早くくっついてほしい!これからハラハラしそうな予感ですが続き楽しみです!頑張って下さい! (2018年9月10日 13時) (レス) id: 097333551a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もち米 | 作成日時:2018年8月13日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。