占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:8 hit、合計:93,884 hit

163 ページ13

「これ、あげる。」

私は翔太から離れた途端恥ずかしくなり、テーブルの上に広げられたものを指さしながら言う。

「まじで?」

一生分のプレゼントだわー!っと喜ぶ翔太を見て思わず頬が緩む。

さっきまでの自分たちのやっていた事が恥ずかしすぎて、離れてもなおドキドキしていた。

「あ。」

翔太はその中のネックレスを見てそう言った。

「どうしたの?」

「俺、これ持ってるわ。」

それは秋頃に新作として発売されたネックレスだった。

服の中からネックレスを取り出すと、間違いなく同じモチーフのものが出てきた。

「あー、じゃあ、これは私がもらっておく。」

と、先程までラッピングされていたものを手にとろうとする。

「いや、待って。」

そう言って、翔太は自分がつけていたものを外す。

「これを、Aにあげて、Aが買ってきてくれた分は俺がもらう。これならお互いプレゼントしたことになる。」

そう言ってさっきまで翔太が付けていたものが私の首に下げられた。

女の子がつけるには少しゴツい。

「初めての束縛グッズ。」

私がそう言うと、

「初めてではないよ?今はないから今度また渡すね。」

そう言って私のおでこにキスをした。

「私、翔太と幸せになれるなら、他には何もいらないよ?結婚も子供も。だから…」

「言ったでしょ?もう離さないって。」

唇と唇が触れ合うのはいつぶりだろう。

こんなに幸せを感じる行為だったかと思わされる。

翔太に必死にすがりつくことにさえ懐かしさを覚えた。

ねぇ、翔太?

ずっと一緒だよね?

164→←162



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (128 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
505人がお気に入り
設定キーワード:渡辺翔太 , 宮舘涼太 , SnowManジャニーズJr.   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

tvaaasn(プロフ) - とても面白かったです!!更新待ってます!!!!!! (3月15日 1時) (レス) id: 3e53db3141 (このIDを非表示/違反報告)
__st.(プロフ) - 最近、一気に読ませていただきました。ぜひまた続きを読みたいです! (2018年8月14日 9時) (レス) id: 9b52a255d5 (このIDを非表示/違反報告)
hikari - いつも楽しみにしています。しばらくお忙しくされてるのでしょうか?またお時間あれば更新してもらえると嬉しいです!この小説が1番大好きな作品です。これからも楽しみにしています! (2016年7月12日 20時) (レス) id: 7f4caa4992 (このIDを非表示/違反報告)
なな - はじめまして。たのしく読ませていただいています!更新たのしみにしてます。^ ^ (2016年6月8日 0時) (レス) id: 1b06df1a1b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:M(-_^) | 作成日時:2016年3月2日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。