占いツクール
検索窓
今日:156 hit、昨日:293 hit、合計:77,054 hit

56. ページ7

五条side



んー

Aどこかな、、?



これ見つかんなかったら僕やばいよね★




あ、いた。



寝てるし。呪術の使いすぎ?



いやこれ気絶じゃん?



しかもこれ、、、誰かが呪力を使ってやってるし。

それに傷が無くなってる。



いくらAは呪霊に言うことを聞かせることが出来るからって傷がひとつもないのはおかしい




もしかしたら呪詛師と接触してるかもしれない。


起きたら聞いてみるか





五条「A起きて」



『、、、、ん

五条先生、、??』



五条「そう!グッドルッキングガイ五条悟だよ!」


『おはようございます、、、


って特級呪霊は?!』



五条「僕が倒した★


そうそうここに来る時誰かに会った?」





『いえ

誰にも。』



あの時の悠仁の顔と同じ顔。


はぁこの顔にがてなんだよな


『そういえば傷治ってる、、、



ありがとうございます』

いや僕じゃないし


まぁいいや


五条「どういたしまして

とりあえず硝子んとこ行くか」

『はい』

その後Aは診断を受け、何も害がないことがわかった。


.
NOside


伊地知「続いて人的被害です

二級呪術師3名

準1級呪言師1名

補助監督5名

忌庫番2名

高専に待機していた術師で五条さんや夜蛾学長と別行動だった方たちです」



夜蛾「捉えた呪詛師はなにか吐いたか?」


伊地知「それが、、口が堅い訳では無いのですが、、、」


『あの、、の五条先生、、、なんでおれここにいるんですか、、、?』

五条「呪詛師と遭遇してる可能性が高いから」


『jusosi????』


五条「ダメだこりゃ」


歌姫「Aは本当に誰にもあってないのよね?」

『、、、?はい』

何度もこれを聞かれる。


夜蛾「交流会は言わずもがな中止ですね」


『!!』


五条「ちょっと

それは僕たちが決めることじゃないでしょ」


「「「??」」」


五条「っつーわけで色々あったし人も死んでるけど
どうする?続ける?交流会」

悠仁「うーん、、、どうするって言われてもなぁ」

葵「当然

続けるに決まっているだろう?」

『東堂さん!』


五条「その心は?」


葵「今俺たちが求められているのは

強くなることだ。」


恵「俺は構わないですよ」

野薔薇「どーせ勝つしね」

憲紀「屁理屈だが一理ある」

包帯まみれの憲紀が言う

桃「加茂くんは休んだら?」

パンダ「意義なーし」

棘「しゃけ」

野薔薇「Aはどうなのよ」

『もちろんやりたいです。そして勝ちたいです』

.

57.→←55.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (146 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
798人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 男主 , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミカンちゃん(プロフ) - 霞さん» 夜遅くにすみません(>_<)コメントありがとうございます!!gdgdで作者の国語力のなさがバレる作品を読んでくださりありがとうございます!!これからもよろしくお願いします(*^^*) (12月3日 23時) (レス) id: ae02218b67 (このIDを非表示/違反報告)
- 初コメ失礼します。お話のテンポもよく、面白くて好きです!無理をなさらないよう頑張ってください! (12月3日 22時) (レス) id: e546bd61e0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミカンちゃん (元星野ミカン) | 作者ホームページ:http  
作成日時:2020年12月1日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。