占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:133 hit、合計:28,286 hit

.19 ページ19

貴女「え、また?」



玲於「うん、ほんとにごめんね」



貴女「分かった」



佐野くんは最近、ずっとピアノのレッスンに来ていない

一緒に頑張ろって話してたのに


いつも通り、放課後に音楽室へ行った



奏「宮野さん、今日はもう終わろうか」



貴女「え、まだ初めて10分も経ってない…」



奏「全然集中できてないでしょ?」



貴女「そんなこと…」



奏「君が集中できない理由、佐野くんだよね?あの子がいないといつも音が悪くなってる」



貴女「佐野くんは、関係ないです」



奏「ここ1週間くらい佐野くんが来てないじゃん。来ても早くどっか行っちゃうし。宮野さん、佐野くんがいるかいないかで調子狂っちゃうんだよ」



貴女「……」



奏「コンクール出場枠はこの学校から2人。今のとこ6人いる。レベルも高いし、宮野さんは負けてないと思うけど」



貴女「けど…?」



奏「このまま、佐野くん次第で調子が狂うようじゃ周りの人には勝てないよ」



貴女「…えっ、と」



奏「俺、ほんとに宮野さんのピアノ好きだし誰よりもいい音と出してると思う。だからこそ言うけど、佐野くんと離れないとこのままだったら上達しないよ」



離れる?

佐野くんと?


目の前にいる先輩の顔は真剣だった



貴女「あの、佐野くんいなくても私頑張ります」



じゃないと、お母さんにも認めて貰えない


お兄ちゃんにも届かない



貴女「どうしても、ピアノが上手くなりたいんです。ならないといけないんです…」



奏「実はね、昨日同じ話を佐野くんにしたんだ」



貴女「え…」



奏「佐野くん、なんて言ったと思う?」



佐野くんだもん

きっと、最後まで一緒に頑張ります


とか言ってくれてる



奏「分かりました。俺がAちゃんから離れますだって」



貴女「……」



奏「宮野さんを苦しめるつもりもないよ。でも、ピアノが上手くなりたいなら佐野くんの存在は邪魔でしかないんだよ」



佐野くん、離れるんだ

そっか


結局私は1人で頑張らないといけないんだ

1人で…





それからコンクールの校内選考に私は落ちてしまった

.20→←.18



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
263人がお気に入り
設定キーワード:佐野玲於 , GENERATIONS , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

佐野冬美(プロフ) - 美紀さん» いつもコメントありがとうございます!まだまだ暑さ続いてますね(汗)お互い気をつけていきましょう!! (9月3日 21時) (レス) id: b1af427d4d (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - GENE大好きで涼太くんとあらんくんとれおくんよりのオールです最高です最近暑いけど熱中症に気を付けてくださいね (9月3日 16時) (レス) id: a31ea93868 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:佐野冬美 | 作成日時:2019年8月30日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。