占いツクール
検索窓
今日:170 hit、昨日:121 hit、合計:86,371 hit

・3 ページ3

カタカタとタイピングをして


画面を睨みつける。




定時は6時のはずなのに

今は何時だと思う??





元々は私の仕事じゃないのに.......








「はぁ」っと大きなため息を吐いて

またタイピングを始める







重「おっ、なんやAか」





ひょっこりと顔を覗かせるのは

同期で営業部のしげ


営業部は基本定時上がりのはずなのに

何故かいる








「しげかよ.......なんでいるん?
定時すぎてるで?」




重「かよ.......ってなんやねん
忘れもん取りに来ただけや」







「じゃあ、忘れもん取ったら帰るんだ」







重「そうやで、寂しいんか??」






わしゃわしゃ頭を撫でてくる




「もう、やめてって
こっちとら意味わかんない上司の仕事までやらされてんねん。」





乱れた髪をなおしながら

「はぁ、」っとまた重めのため息をついた



だいたいなんで入社して1年の私が

上司の分までやらなきゃ行けないんだ



マジ、クソかよ。






口の悪い言葉をもんもんと巡らせる








重「それいつまでなん?」




「明日の昼。会議に使うねんて」




重「間に合うん??」





「ギリギリちゃう??
迷惑なことにファイル名だけ書いて任されたからなぁ」




重「手伝おか??」



「.......え?しげが?営業部やろ?自分」







驚いた素振りをみせ
そんな事を言うと「営業部馬鹿にすんな!!」

っと帰ってきた




まぁ、いないよりマシだよな。

・4→←・2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (92 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
470人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 小瀧望 , 重岡大毅
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年5月25日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。