占いツクール
検索窓
今日:76 hit、昨日:358 hit、合計:278,373 hit

再開 ページ28

Aside



青「ん、やっぱ美味い」


『よかったです』



青「毎日こんな美味いの食いたいわ」



『毎日…』



だめだ


勘違いする





でも


こんな言葉で簡単に喜んでしまう






青「また忙しくなって会いに行けへんわ」



『…あ、そうですか』



青「そんな、あからさまに落ち込むなや」



『いや、別に…』



青「連絡先…教えてくれへん?」



『え?』



青「店行けへんくても、Aのご飯食べたい」




『///』



青「あかん?」



『ううん…あかんくないです』



青「ふは、エセやなぁ笑」




笑った顔もかっこよくて


見惚れてしまう




青「ん、スマホ貸して」




『あ、はい』




スマホに流星さんのLINEと電話番号が登録された




嬉しい




青「あ、昨日の分の」



お金を渡される



『…』





お金のやりとりをすると

一気に現実に戻される






これはビジネスなんだ




青「A、知らん男にホイホイついて行くなよ?」



『え』



青「それに、小瀧ってVIPのやつもアフター断れ、ええな?」



『…はい』



青「ん、素直でええ子や」



頭撫でられて






心臓がうるさくなった











『長くすみません…お邪魔しました』



青「仕事頑張ってな?」



玄関で見送られて



どっちがお客様かわからないね










幸せな時間はあっという間で


今日も仕事が始まる






赤「真白って人お願いします」



『え、大毅さん?』



赤「やっぱり、ここで働いてたんや」




『何でわかったの』



赤「前飲み会あって近く歩いてたら、この店から出て来たから」



『私が相手でもいいの?』



赤「ちゃう、真白?だっけ?真白がええの」




席に案内してもてなす



『んー、でもやっぱりこういう仕事見られたくなかったな』



赤「ええやん!それにめっちゃ綺麗やな?似合ってるし頑張ってるやん」




『やりづらいでしょ?』



赤「えー…この前のお礼ってことにしてや?」



『あ、お礼してなかった…ごめん』



赤「ええよ!」


『服!借りたままだった…今度服返しに行くね?』




赤「あー、ならそん時ついでに遊ぼうや」



『んー』


赤「な、あかんの?」



う、



そんな子犬みたいな顔で上目づかいして来ないで





赤「な、ええやろ?」



『…うん、いいよ』




あー、




可愛くてつい…



赤「よっしゃ、決まりな?」



キラキラした笑顔で


嬉しそうに笑うから

私もつい笑顔になった

バッティングセンター→←甘え下手



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (369 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1973人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 恋愛 , 藤井流星
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:AB | 作成日時:2019年3月18日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。