占いツクール
検索窓
今日:36 hit、昨日:223 hit、合計:277,975 hit

ページ25

流星side




行為中のAは



涙を流していて





切ないように鳴く




その声を聞いてその乱れる姿を見て



興奮しない男がいるだろうか








『りゅ、せっさん、んっ、あっん』


青「流星でいい」



『りゅ、せっ…りゅうっ』


俺の名前を何度も呼んで


可愛いくて

愛おしくて




『んっ、またいっちゃう』



青「何回でもいきや?」




果てるたびに

俺にしがみ付いて




抱き殺すんちゃうかってほど


何度も何度もAを抱いた










目を覚ますと


俺の腕の中で大人しくしてるA




すでに先に起きてるみたいや




青「おはよ」


『おはよう』




青「体しんどいやろ?」



『ちょっとだけ…流星さん、お仕事は?』




青「今日は有給取ってるからええの」




『だから、昨日あんなに』



青「言うたやん、金額にあった分抱くって」




『///』



青「ふっ」




そんな可愛い顔で俺を見るな






って言ってやりたいけど




そんなの望んでないやろうから言わへん





キスをして


水を取りにリビングへ出て行く






相変わらずA以外の女はダメなんやけど



Aには自分からくっつきたいとか


もっと甘えてこうへんかな


なんて




思ってしまってる時点で






青「はぁ」





あかんな






水を体に流し込んで上半身裸やからTシャツを着る





いつものスーツとは違ってかなりラフな格好





Aも水の飲むやろうか



ペットボトルを持って寝室に戻る




すると

起き上がってるA



青「腰…痛ない?もう少し寝る?」



『寝ててもいいんですか?』



青「おん…寝たりひんやろ?水、置いとくから」



そう言ってまた寝室を出ようとすると



『待って……もう少し…だけ…いえ、5分でいいので側にいて下さい』



シーツを握って顔は伏せたままそう言った




青「…」



『あ、…やっぱ…大丈夫です…すみませんでした』



すごく震えた声で



まるで傷ついてるみたいな声で





すると

ポロっとシーツに雫が落ちて



シーツにシミを作った





泣いてる




直感的に


体を少し震わせてるAを見てそう思った




『やっぱり…私帰ります』



そう言って着替え始めるから




ぎゅっと抱きしめてその動きを止める





青「A?…どうしたん?」



『っ…なんでも…ない』



泣きながら


苦しそうにそう言って


俺の服にシミを作った







弱い人間→←溺れてる



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (368 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1973人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 恋愛 , 藤井流星
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:AB | 作成日時:2019年3月18日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。