占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:133 hit、合計:122,358 hit

第五十七章 ページ44

「そっちはどうだった?」


「あぁ、普段通りだよ。でも、将軍上洛の時には忙しくなるんじゃ無いかな」


「上陸って、将軍様が京を訪れるんですか?」


「そう。だから近藤さんも張り切ってるよ」


「あぁ...近藤さんはそうだろうな」


会話をしながら歩いているが、平助の態度に違和感を覚えたのか千鶴か首を傾げている
そんな姿もたまらなく可愛いよマイスウィートエンジェル

ま、平助は平助でこれから色々と大変だからね


「ゲホッゲホッ!!ゴホッ、ゲホッ!!ゴホッ!!」


隣で歩いていた総司が咳き込み始めたため、私は総司の背中をさする
心配そうな千鶴を見て「大丈夫だよ千鶴」と総司の代わりに言ってやる

ふと総司が鋭い視線を向けた先を見れば、其処には男二人で寄ってたかり女を囲む奴らがいた

あ、いや女じゃないな、女装した人、か

そういえば薫が出て来るシーンってここだっけ

月日が経っちゃうとだんだん記憶が薄れていっちゃう
でも、なんだかんだ覚えてる私凄くね?
これぞまさにオタクパワー?

なんて一人呑気なことを考えてるといつの間にかみんな薫の所へ行っていた

私は少し離れた所でみんなの様子を見ることにした

総司が鯉口を切りながら二人組に向かって鋭い視線を向ければ、呆気なく去って行く

そして、乱れた髪を直してから総司にお礼を言う薫はほんとに千鶴とよく似ててびっくりした
っていうか、どっからどう見ても女にしか見えないよなぁ

すげぇな


「やっぱり。よく似ているね。ね、夕奈ちゃんもそう思うでしょ?」


感心してると、少し離れた所にいる私に向かって聞いて来る
こいつ、わかってて聞いて来やがったな


「うん。よく似てる」


そんな当たり障りない言葉を言った後平助が口を開いた

第五十七章→←第五十七章



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
117人がお気に入り
設定キーワード:薄桜鬼 , トリップ , 原田落ち   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぷー(プロフ) - 神崎舞様。気付かず申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます。早急に直させていただきます。また何か気付いた点などがございましたら、仰って頂けると嬉しいです。コメントありがとうございました。 (2017年8月18日 11時) (レス) id: 557e5927c8 (このIDを非表示/違反報告)
神崎舞(プロフ) - 名前変換されないで夕奈のままになってる話が何話かあるのですが? (2017年8月18日 9時) (レス) id: 348d6ee4b1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぷー | 作成日時:2017年8月17日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。