占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:12 hit、合計:4,698 hit
そこは限りなく白く静かな空間だった。

その空間の中にいるのは一人の少年。

その少年は白い空間に
紛れ込んでしまいそうな程白く、


とても儚い瞳をしていた。

中学生とは思えないほどに。

───────────────────────

意味不明ですみません<(_ _)>

初めまして小豆です(><)

今回は暗殺教室のお話を書きます(><)

駄作ですがお願いします<(_ _)>執筆状態:更新停止中

設定を行う場合はこちらをクリック







test
test

おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (24 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
50人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 男主 , 病気・病弱   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:小豆@AZUKI | 作成日時:2019年1月28日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。