占いツクール
検索窓
今日:60 hit、昨日:136 hit、合計:84,661 hit

ページ49

夏喜side



世界「なっちゃん?ちょっと〜、なっちゃん大丈夫?」



「ん、ん、はぁ。あ、はいっ...」



世界「なっちゃんっ!!もう、今日は休も?
なっちゃんこれじゃなんも出来ない!」


慧人「え、そんなに...我慢してたんですか」


「やっぱ、ダメでしたね...ごめんなさい」


大樹「世界さん、どうしますか?
なっちゃんこのままじゃあれだし、1人にさせるのも...」


世界「リリイベ終わるまでは、居てもらおう。なっちゃん、ゴメンね。辛いだろうけど、1人にさせたくないから、」



「あ、はい。待ってます...
あの、、出ちゃダメですか?

ファンの皆さんに申し訳ない...」


大樹「それは、俺らが認めない。
確かに、ファンの皆さんには、なっちゃんを見せることが出来なくて、申し負けない気持ちもある。でもその一方で俺らは、これからのなっちゃんが心配なの。」



「わかり、ました...
俺の分も、翔太くんの分もかましてきてください..」









まさか。出れないなんてね。
翔太くんに申し訳ないしファンの皆さんにも申し訳ない。
俺の体調管理が出来なかったんだ、



夏輝「夏喜。思い込むなよ?誰にだってあることなんだから」


「ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...はい...」


夏輝「大丈夫大丈夫。安心して、俺らがちゃんとやってくるから」



颯太「堀夏くん、無理しないでくださいね」



「ん。はぁ、ありがとう」









なんやかんだちゃんと1週間休んだらちゃんといつものなっちゃんに戻りましたとさ

龍_インフルエンザ→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
226人がお気に入り
設定キーワード:LDH , THERAMPAGE , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:s_ku | 作成日時:2018年10月13日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。