占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:93 hit、合計:84,696 hit

ページ5

梛葉side


「んじゃ、お互いの特技を披露とかどうです??」


陣「お、いいんじゃないっすか?LIKIYAさん」


LIKIYA「そうしよっか、」








「クランプできる人〜??」



海青「いや、 バリボいないんかい!」


海沼「あ!俺やってみたいっす!!」


「おー!流星くん❤」


慎「壱馬さん、梛葉の目がハートですよ...
(ボソッ)」


壱馬「ほんまやな...(ボソッ)」




瑠唯「じゃあ、POPできる人!!」


陣「はあーい」



瑠唯「いや陣くんはそうでしょ。」


奥田「僕やってみたいです」

日高「俺も!」



陣「おー!ほなよろか!!」









あんなこんなで、この謎の会は、終了しましたとさ...。






なんで謎の終わり方なん


いや、分かんないんだもん...


てか、梛葉はバリボのみんなとタメで話せるん?


うん!Ricky(りっきー)と、昔から仲良くてですね...



へぇー、そうなん...



何その興味なさそうなの(ボソッ)


あのー、聞こえてまっせー?





壱馬/梛葉

貧血→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
226人がお気に入り
設定キーワード:LDH , THERAMPAGE , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:s_ku | 作成日時:2018年10月13日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。