占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:2 hit、合計:89 hit
皆さん聞いて下さい。スマホをアップデートしたせいか今までの作品を最新することが出来なくなってしまいました…。ほんとすんません…
次はこういうことが起きないよう気をつけて行きますほんとすいません…By作者


_____________
時は大正、外国との交流が増えていった。その中で外国の人工知能の研究やロボットを作っている博士がこの日本が鬼により危機に陥っている事を知る。そして博士は研究所最強の人工知能ロボットを日本に送ることとした_____そしてこの話はその人工知能ロボットと1人の少年の話し___

______________
◤◢◤◢注意◤◢◤◢
⚠とあるシリーズの作品を1部参考にしていますが原作とは一切の無関係です。
⚠鬼滅の刃最新刊までの内容が含まれています。執筆状態:連載中









おもしろ度の評価
  • Currently 0.00/10

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:時透無一郎 , 無一郎 , とある科学の一超電磁砲   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:にごり緑茶 | 作成日時:2020年9月17日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。