占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:6 hit、合計:5,004 hit

41話 ページ8

A-side


只今の時刻17時______

今日は18時から初任務だ!!

しかしあと1時間もある。
張り切ってやること全部やったから暇だ!!


『シャールーちょっとお買い物行ってくるねー』

シャ「分かった。18時にはちゃんと帰ってきてね」

フィ「おい15時間10分前行動しろよ」

『百歩譲って10分前なら分かるけど15時間10分前って意味わからんわ!!』

シャ「百歩譲っても10分前なんだ」


呆れる2人をよそに私は外に足を進めた


.



私が今結構ハマっていることはネイルだ

おしゃれが嫌いな女子なんて居ないからね〜

私は近くのコスメショップに行きネイル売り場を見る

この前フランが教えてくれたんだけど
蜘蛛って盗賊だからみんな欲しい物は盗むんだって

なので盗賊になった私はそれにならって欲しい物を適当にポッケに詰め込む

よし!!こんなもんかな
私は欲しい物をとって店から出ようとした


「ちょっとちょっとあんた今店の物盗んだでしょ」


出ようとしたが店を出る1歩手前で誰かに腕を掴まれる

あらー私まだ盗むことに慣れてないから見つかっちゃったーフェイ辺りに見られたら呆れられそう

私は冷静にそんなことを考える

ここで騒ぎを起こすのもいろいろめんどくさいな


『えーと、なんのことかな?』


私は振り返って腕を掴んでいる人見るとそれは10歳ぐらいの子どもだった

ちょっとー!!子どもにバレるとか絶対みんなにバカにされるって!!


「とぼけても無駄だわさ!!今すぐ盗んだ物返しなさい!!」


適当に誤魔化して逃げようとしたけど全然引き下がってくれない
うーん、めんどくさいな
仕方ない

私は片足に少し力を入れる


『お嬢さん世の中には知らなくていい事もあるんだよっ!!』


そう言って子どもに蹴りを入れる

虐待なんて言わないでね!!
めちゃくちゃ加減したから!!

そう自分に言い訳をしているのもつかの間


「あんた救いようがないクズだね」


すぐ近くであの女の子の声が聞こえた
見てみると遠くに飛ばしたつもりだった蹴りは女の子にがっしり掴まれている


『·····あれ?もしかしてあなた念能(ドカァァン!!!


念能力者?と聞こうとする前に私は女の子に外にぶっ飛ばされ瓦礫に埋まる


ビ「このビスケット=クルーガーの前で悪さした事を後悔させてやるだわさ!!」


私は瓦礫を破壊し笑って女の子を見る


『あはっいいねー!!仕事前にひと暴れしますか!!』


現在17時30分
集合時間まで後30分

続く  (更新停止中) お気に入り登録で更新通知を受け取ろう

←40話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
176人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 幻影旅団   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Suzu | 作成日時:2020年3月23日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。