占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:6 hit、合計:5,004 hit

40話 ページ7

A-side


シャ「あ、A探したよ」


ある日フランと一緒に買い物(盗み)から帰ってきた時のこと

シャルが私の元に駆け寄ってきた


『おーシャルどした?』

シャ「Aにいい知らせだよ!!明日Aに仕事が入ったんだ」

『マジで!!初任務じゃん!!』


私はまだ蜘蛛に入って1度も大きな仕事をした事がなかった
今からテンション上がる!!


『誰と誰と??』


私は興奮を抑えきれず飛び跳ねながらシャルに聞く


シャ「声掛けたのはフィンクスとウボーとヒソカとコルトピだよ」

シャ「明日の夕方6時にここ集合ね」

『オッケー!!』

シャ「あ、一応言っておくけど絶対遅刻したらダメだからね。ウボーとフィンクスそういうのに厳しいから」

『大丈夫大丈夫』

シャ「なんか心配だなー」


私は初任務が楽しみすぎてでシャルの助言を適当に流す


そしてシャルと別れた私はウキウキ気分で自分の部屋に戻ろうとしたら·····



『あ、部屋間違えた』


間違えて違う人の部屋に入ってしまった


フェ「お前自分の部屋も覚えられないか」

『ごめん、間違えたわー』


急に部屋に入られたフェイは少し眉間に皺を寄せながら私を見る
フェイの部屋にはたくさんの拷問器具があった


『それにしても·····フェイの部屋すっごい悪趣味だねww』

フェ「お前に言われたくないね」


確かに私の部屋は瓶詰めの人体やらが沢山あって前に私の部屋を見たシズクが「Aの部屋って魔女みたい」と言われた

しばらく私がフェイの部屋を眺めているとそれを見ていたフェイが


フェ「····か······ね」

『え?なんか言った?』


なんと言ったか全然分からなかったのでフェイに聞き返すと聞き取れよアホがとも言いたげな目で私を睨む

そしてしばらく沈黙が続いたあと


フェ「·····わるかたね」


聞こえるか聞こえないかぐらいの声でフェイは目線を逸らしてそう言った

一瞬何がだと思ったがすぐに思い出した

確かに最初はめちゃくちゃ私の事毛嫌いしてたからなー

けど今は


『ぜんっぜん気にしてないから大丈夫だよ!!』

『それよりも私を受け入れてくれてありがとね!!』


最初に私を受け入れてくれたのはフェイだからね
私は素直に思ったことを伝えるとフェイは一瞬目を見開いたあと


フェ「ほんとおかしなやつね」


そう言ったフェイの顔はほんの少し笑っているようにみえた





.

41話→←39話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
176人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 幻影旅団   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Suzu | 作成日時:2020年3月23日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。