占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:21 hit、合計:60,831 hit

*4* ページ4

どの学校でも恒例のながーーーーい校長先生の話が終わって教室に戻って10分ほど自由時間があった



みんな積極的に隣の人とかに話しかけてる


凄いな.......



のんちゃんと流星は相変わらず女子に囲まれてる



『なぁ!名前なんて言うん?』


「.......え?俺?」


『うん!そこの前髪長い君!』


「あっ、神山智洋です.......」


『神ちゃんか!!私は重岡A!!よろしくね!』



あっ、存じております



「よ、よろしく、」


『私さぁ同じ中学の人一人もいないから緊張してたんだ〜』


「.......とてもそうには見えないけど(笑)」




俺は察した、典型的な陽キャだと


俺と話してて大丈夫かな.......?




『.......もしかして緊張してる?』


「ご、ごめん」


『大丈夫やで!!もう友達やねんから!

友達に緊張しないの!!』



と、友達.......



「と、友達?」


『うん!もう友達やで!!』




Aちゃんは俺にニコって微笑みかけてくれた

*5*→←*3*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (133 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
666人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Miwest0423(プロフ) - 誰やお前のくだりはクスッとなりました。楽しく読んでます。 (6月5日 2時) (レス) id: befcdd2215 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:颯楽 | 作成日時:2019年5月30日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。