占いツクール
検索窓
今日:63 hit、昨日:150 hit、合計:43,764 hit

. ページ18

.



SE「…ごめんね、今のはただの嫉妬だよ。」



「セ、フナ…、」



低くて柔らかい声が耳元で響く。



SE「…ヌナには嫌なことは思い出して欲しくない。前はずっととある事で悩んでたみたいだから…。だから、今ならまっさらなまま全部やり直せると思ったんだ。」



あまりにも悲しそうな声色で呟いた。



確かに、愛する人が苦しんでいた事から開放されたなら、もう二度とそんな想いをしなくていい様に願う気持ちもわかる。



SE「僕はずっとヌナの幸せを願ってる。今までの楽しかった思い出を共有出来ないのは悲しいけど、だからと言って無くなった訳じゃない。嫌な事を思い出して辛くなるくらいなら、初めから僕達の幸せをやり直そう。」



でも、それを決めるのはセフニじゃなくて私じゃないの?



苦しい事も悲しい事もあるから幸せが成り立つんじゃないの?



全部受け入れる事が、生きるって事じゃないの…?



「…セフニ、ありがとう…。」



セフニがぎゅっと抱き締める力を弱めることはなかった。



それは私が自由になれないことを表している証。



セフニの腕の中で囚われて、逃げ出せることなんて出来ないみたいだ。



.



私が抵抗しなければ、普通の幸せを享受することが出来る。



かっこいい彼氏が居て、好きだと言ってくれて、これ以上の幸せはないはず。



…なのに、何か引っかかるのは何故だろう。



夜の真っ暗な闇が部屋中を支配する。



何となくセフニに背を向けて目を瞑る。



SE「…Aヌナは覚えてるはずないんだけど、実はプロポーズしてたんだ。」



ぽつり、と今の私が受け止めるには重すぎる言葉が宙に浮いた。



「…そう、だったんた。」



背を向けたセフニから長い腕が伸びて私を包み込む。



それは私の左手に絡められて、しばらくして離れた。



薬指に残る違和感に、すぐにそれが何か分かった。



真っ暗闇なのに眩しいくらいに輝くリング。



SE「…もう一度言うね。僕と結婚して欲しい。」



低く響いた声は震えていて、こんな静寂じゃ聞こえないフリも出来なかった。



「…セフナ、」



SE「僕の何が不満なの?」



私がイェスを即答しない事を知っていたのか、カウンターはばっちりな様だった。



怒りなのか緊張なのかわからないけれど、セフニが落ち着いていないのは明らかだった。



SE「…僕の方が、」



言いかけてしばらく黙り込んだ。



SE「…なんでもない。」



.

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (80 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
323人がお気に入り
設定キーワード:EXO , K-POP , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぼぷぴ(プロフ) - 貴方様が書くお話、本当に面白いです…!!今回のギョンスのお話も最高でした…いろんな意味でドキドキが止まりませんでした!!これからも応援しています! (3月24日 16時) (レス) id: eb25947e96 (このIDを非表示/違反報告)
ゆう。(プロフ) - 1話1話がすごく読み応えがあって面白いです。シウミンさんの物語とスホさんの物語が個人的にすごく好きです。これからも作者さんのペースで更新して頂けるとうれしいです。 (3月17日 3時) (レス) id: 622a208a12 (このIDを非表示/違反報告)
猫わかめ - 今日初めてこの小説を見つけたのですが、とてもハマって一気に読んじゃいました。どれも狂気的で特にセフンくんのは結末に鳥肌がたちました。すごく面白かったです。これからも頑張ってください! (2月27日 1時) (レス) id: d5ef40128c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:nel_ | 作成日時:2020年2月2日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。