占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:34,802 hit

十一話 走れ紫葵 ページ11

私は任務の事を忘れて二人を正坐させ、何故此処に居るのか問い質す。


「だって、御前だけだったらギャグになんないんだもん」

「せやで、あんたシリアスの権化なんやもん」

「「だから仕方が無いだもん」」

「もんとか付けてんじゃねぇよ」


先生から教え込まれた敬語も外れて、私は二人を少吾にはグーで、カグヤにはパーで頭を小突く。男女差別だ!と少吾に叫ばれたが、此奴には恨みがある為無視。


「最悪だ此奴!」

「ほんまやで!私等は紫葵…否!メロスが心配やから付いて来たのに!」

「始まったよ、誰がメロスですか。ただ楽しんで居ただけでしょうが」

「というか気付くのずっと待っててんでメロス!なのに一瞥もくれへんねんもん!」

「そうだそうだ!セリヌンティウスが可哀想だ!」

「私は此奴の為には走りませんよ」


そう冷たく遇らうと、うわーんフィロストラトスー!とカグヤが少吾に泣き付く真似を始める。何故そんなマニアックな方を選んだんでしょうか、ディオニス何処行った。

三馬鹿の前では教科書に載る様な名作も汚されてしまうらしい。先生済みません、悪気は無いんです…否包帯無駄遣い装置ではなく…

矜羯羅がって来たので、私は考えるのをやめた。というか此方を鋭く睨み付ける芥川先輩に気付いて黙り込んだと云うのが正しい。少吾とカグヤも流石に静かになり、また場に重たい空気が漂い始める。

貴様の所為で仲間は大怪我を負った、貴様は生きているだけで周囲の人間を損なう、そう芥川先輩は白い少年…人虎を責めた。

人虎は怯え切った表情で俯く。そんな彼に留めを刺す様に、芥川先輩の外套が揺らめく。


「『羅生門』」


殺戮に特化し、凡ゆる物を喰らう悪食の異能。
それが芥川先輩の異能『羅生門』。何てマフィアにぴったりの惨い異能なんだろうか。

そんな羅生門を見て、少吾とカグヤは堪らず口を開いた。


「相変わらずかっけぇー!厨二心擽ぐる異能なんだ!!」

「えぇなぁ!汎用性も高そうやし、何よりイケメンやわぁ!」

「何ッ!?俺の方がイケメンだぜ!」

「お願いします、黙ってて下さい」


この後漏れ無く三人共羅生門で仕置きを受けました。先輩、何で私まで。

十二話 人虎→←十話 居たのか



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
17人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

川夏(プロフ) - すずらん。さん» 何で貴方が答えるんですかby紫葵 (2018年1月2日 20時) (レス) id: 0bee82923c (このIDを非表示/違反報告)
川夏(プロフ) - 寝夢さん» すみません、有難う御座います! (2018年1月2日 20時) (レス) id: 0bee82923c (このIDを非表示/違反報告)
すずらん。(プロフ) - あ、マジだ…おい!紫葵!作者は何やってんだよ!by怒りの小吾 (2018年1月2日 20時) (レス) id: 489dc4e8ab (このIDを非表示/違反報告)
寝夢(プロフ) - トップの「清原小吾!」が「清原少吾!」になってますよ〜 (2018年1月2日 1時) (レス) id: 671ce60c1e (このIDを非表示/違反報告)
川夏(プロフ) - すずらん。さん» またお前かい!いい加減笑うわ!悪いね! (2017年7月20日 19時) (レス) id: 0bee82923c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:川夏 x他1人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2017年6月30日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。