占いツクール
検索窓
今日:1,722 hit、昨日:5,084 hit、合計:744,798 hit

ダメ8 ページ8







「おっとそろそろか。俺は君を呼びに来ただけなんだが、無駄話しすぎたようだ」




「なので今から!!お館様や柱達がいる所へ案内する!」




『うるせぇ…』




「ははは!行くぞ!」




『ちょ、手にぎ、血!!!!!』




血がべっとりとついている手で私の手を握ってきたので
ギャァァァァと悲鳴をあげたいくらいだったが

真夜中なのでさすがに人としての良心が…って人じゃねぇや
鬼としての良心が…、いやおかしいな、まあいいや


とりあえずこの人に抵抗することはできないので大人しく手を引っぱられ着いていくことにした




「そういえば俺の名を教えていなかっただろう!」



『え、はぁ』



「知りたいか?」



『え、えぇ〜…。知りた、いかなぁ』



「うむ、煉獄杏寿郎という。」



『れんご、え、なんて?』



「まあ君はどうせ死ぬだろう。覚えなくても良い」



『いや急に雰囲気下げにくるじゃん…』



「はは!すまない、俺は鬼が嫌いだからな」



『嫌いとか好きとかで表せれないでしょもう』



「…そうだな。でも君は人に近すぎる、俺自身の手によって無闇矢鱈に殺すことはできない」



『それは良かったです。死にたくありましぇん』



「ああ。」



『グヘゥッ、』



ああ、だけかよ冷たいなぁと内心で思っていると目の前の人が急に立ち止まったので

思わず変な声が出た

急に止まらないでくれません!?そう叫びたがったがそれも無理だった

なぜなら彼と共に着いた場所は揃いも揃って柱の方達と

えっと………少年と少女と…黄色い、……え、猪?
え野生溢れるゥ…何それ反則…個性強すぎじゃん

とまぁ鬼ぶっ殺マン達が沢山いたのでもう変に私が声を上げることは許されない状況だった




「……久しぶりだね。」




『あっはい…お久しぶりです…』



そう声をかけてくれた人は確かに久しぶりであろうお偉いさんだ
相変わらず不思議な雰囲気をしていて話すと気持ちが落ち着いてくる(合唱)




「今日まで無事生きれたことに安心した。……君には話したいことがある」



『あ、聞きます聞きます…』



「いちいち言わなくていいんだよグズがァ」



『え、口悪…』



「あ"?」



『すみません黙ります』




なんか目つきの悪いこの人、いっつも私を睨みつけて暴言吐いてくるんだが????

私が鬼だからなのか?いやそれで納得できちゃうのが辛いけどさぁ!!!

ダメ9→←ダメ7



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (1168 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3417人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆい(プロフ) - 一気に読んでしまいました!続きを楽しみにしております! (10月15日 7時) (レス) id: 67d27ac634 (このIDを非表示/違反報告)
AYANO(プロフ) - 桜花さん! 煉獄さんの話公開する事になったら教えてください! よろしくお願いします!あといつも作品楽しく読ませてもらってます! (9月19日 22時) (レス) id: c435c36ab9 (このIDを非表示/違反報告)
茉優(プロフ) - この作品ほんとに大好きです!健康にきおつけてこれからも頑張ってください!! (9月19日 17時) (レス) id: b60e3eafa2 (このIDを非表示/違反報告)
- とても面白いです!続きがとても楽しみです!更新お願いします!! (9月11日 17時) (レス) id: fdf583fde8 (このIDを非表示/違反報告)
雪雫 - 凄く面白いです!続きが楽しみ!お身体に触らない程度に更新頑張ってください。 (9月9日 0時) (レス) id: c2cb9b617d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜花 | 作成日時:2019年8月10日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。