占いツクール
検索窓
今日:825 hit、昨日:6,348 hit、合計:922,199 hit

ダメ11 ページ11





「そうその顔。その顔だよAちゃん」


『グッ、ァ』


「君のその泣き顔がすごい好みなんだよね、俺。可哀想で、可愛そうでたまらないけど」



「可哀想だからこそたまらなく愛しくなるんだよね」


『…ッ、ハ』



「あ、もう苦しい?死んじゃう? 死にたくない?」




その時いつかの光景がフラッシュバックした。
あれはいつだったか、確か私が、小さい時

その時もこうやって首を絞められてたんだっけ
えーーと、童磨さんに?
可愛い、可哀想、そう何回も言われながら痛いことされてたっけ

あんまり覚えてないなぁ、てか、覚えていたくなかったんだろうな。

そういえば私が可哀想な鬼だと自分で思い始めた原因、この人だったっけ

軽くトラウマじゃん、はは。





『死にたく、な、ィ』



「………変わってないね、君は」






そう言うともう死ぬという直前でこいつは私の首を離した。

すごい勢いで酸素が肺に入ってきて思わずむせる
しんどい、苦しい、嫌だもう
でもどこか懐かしいと思う自分が気持ち悪い





「なにか思い出した?俺は昔の感覚を思い出せたよ。君の涙を見ると心の底からゾワゾワする。楽しいね」



『私も、ゴホッ、思い出して、胸くそわりぃや。しねよ』




「………、やっぱりもう一度俺の元に戻ってきてよ。」




『やだ……って言っても連れてくんでしょ』




「うん。行こう、一緒に」




力が抜けて地面に座り込む私に手を差し伸べるその人の顔は
やけに笑顔で、 でも目の奥は真っ黒。本当は今すぐにでも逃げ出したいけど
背を向けた瞬間切られそうで嫌だ

切られても鬼だから再生するのにね。痛いのが嫌なのかな、私は。

痛いなんて感覚も もうあまりないはずなのに、
私は人間らしくいたいのだろうか、痛さや苦しさを極端に嫌うし

死ぬのは一番嫌だった

だからもう、と諦めてその手を掴もうとした時





「鬼さん!!!!!」





そう言って誰かが何かを投げた
それはボフンと爆発し一面に煙が広がった

周りが全く見えなくなり困惑する間もなく
私の体は中に浮き誰かに担がれた

誰かはわからないが担いだ時 「重っ」 ってぼそっと言ったの聞いたからね
一生恨むからね





「……まけた?」




『…たぶん……?』



「はぁぁぁあ!!良かったァァ!死ぬかと思ったホント!ぁぁあ無理!」



『あー…なるほど』




そのビビりようから見て黄色い子だとわかった時は凄い納得した

あ、君重いって言ったからあとで1発殴らせろ

驚→←ダメ10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (1321 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3852人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

めだまやき。(プロフ) - すごく面白いです!!更新待ってます! (11月10日 19時) (レス) id: 33cb92409f (このIDを非表示/違反報告)
Ecarlate - (更新を)待つしかねェぜッ…!頑張ってくださいッ…!! (11月3日 0時) (レス) id: 74688a3f2b (このIDを非表示/違反報告)
ゆい(プロフ) - 一気に読んでしまいました!続きを楽しみにしております! (10月15日 7時) (レス) id: 67d27ac634 (このIDを非表示/違反報告)
AYANO(プロフ) - 桜花さん! 煉獄さんの話公開する事になったら教えてください! よろしくお願いします!あといつも作品楽しく読ませてもらってます! (9月19日 22時) (レス) id: c435c36ab9 (このIDを非表示/違反報告)
茉優(プロフ) - この作品ほんとに大好きです!健康にきおつけてこれからも頑張ってください!! (9月19日 17時) (レス) id: b60e3eafa2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜花 | 作成日時:2019年8月10日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。