占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:13 hit、合計:23,500 hit
.




貴方と会うときは必ず、太陽の照らない夜だった。









_______________________
こんにちは。銀魂作品4作目となります。
今回はかなり短いお話になる予定です。

どうしてもやっぱり銀ちゃん落ちに落ち着いてしまいますね。

熱帯夜にまつわる話を書きたくて書き始めました。一作目でも夏に纏わる話を書いたんですが、やっぱり銀さんには夏が似合うな、と思って夏を舞台にしてしまいます。

※注意
この小説は銀魂の二次創作作品です。
銀さんというより、白夜叉メインです。

前作→【銀魂】平行線上の僕ら【沖田総悟】

次作→【銀魂】グラビティデイズ【坂田銀時】

過去作はこちら
けんそうの作品集【銀魂】執筆状態:完結






























おもしろ度の評価
  • Currently 9.86/10

点数: 9.9/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
86人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 坂田銀時 , 白夜叉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

けんそう(プロフ) - kayaさん» そんな風に言ってもらえてとても嬉しいです!至らない点もあったかと思いますが、そう言ったコメントがとても励みになります。ありがとうございます! (2018年8月8日 8時) (レス) id: aaf4aecbc2 (このIDを非表示/違反報告)
kaya(プロフ) - なんだか読み終わった後、目頭があつくて、気づいたら涙が出ていました。文章が綺麗な素敵な作品だったと思います。 (2018年8月8日 0時) (レス) id: 504932b45f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:けんそう | 作成日時:2018年6月10日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。