占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:75 hit、合計:33,919 hit

story ページ8

女の世界の怖さを知ったあと、少し歩いて使用人専用の食堂についた。ぼっちって悲しい。腹を括って、1人で食べよう。

?「あの…一緒にいいでしょうか?」

いいなぁ、誘われてるよ、

?「あの〜…?」

……え。もしかして…。


『私に喋りかけてます…?』

ブンブンと首を縦に振られる。
ああ!すみません!!!私めっちゃ失礼。

『す、すみません!是非どうぞ…!ぼっちなので』

百々「ありがとうございます!私百々って言います。Aさんですよね?」

『そ、そうです!でも、なんで名前を…?』

百々「今有名ですよ!まふまふ様達に気にいられてる使用人がいるって」


oh...。ワタシユウメイジン…。

『は、はえ〜、。あの、宜しければなんですけど友達になっていただけませんか…?話す人が全然いなくて』

百々「いいんですか〜!やった。あとタメでいいよ」

おっしゃああああああああああいいいいい!

『ありがと〜!!よろしく!!』


黒桐A。こっちの世界で初めて友人が出来ました。やったね。






それからは夕食を食べながら百々といろんな話をした。この館の話や私がここへ来た経緯などなど…。
友達がいるっていいなぁ!!!
食べ終わったあとは自室に戻っていいそうなので、遠慮なく戻らせていただいた。部屋はいいぞ。

そこからは特に何も無く、お風呂に入り、また明日もあるので眠ろうとした。




『いや、全然眠れん。』

なんでなの!?寝たいのに!!寝れない!!
こういう時あるよね、なんなん((


『ん〜!ココアでも飲もうかな…。』

部屋の棚かなんかにあった気が〜…


無い。
しょうがない、食堂行くか。蝋燭持って、いざ出発。

______________________

歌い手さん全然出てこーへんやん。って思いましたか。私は思いました。

いや!ちゃんと次は出すんで!!
次回からそれっぽくなってきます。多分。


朱殷

*story 拶←story



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (54 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
216人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , AftertheRain , 浦島坂田船
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

赤猫君。(プロフ) - おおお... (10月19日 19時) (レス) id: 8740c32d82 (このIDを非表示/違反報告)
まふさん - あれれ!終わりですかっ?もしも行けるならまた更新して欲しいです!この作品とても気に入ってます!これからも頑張ってください! (9月21日 16時) (レス) id: 4023af749f (このIDを非表示/違反報告)
朱殷(プロフ) - みなみさん» nqrseさんですね、!タイミング見計らって出したいと思います。 (6月30日 20時) (レス) id: 594e537f8e (このIDを非表示/違反報告)
みなみ(プロフ) - nqrseさん出せますか? (6月30日 19時) (レス) id: 4493be3d26 (このIDを非表示/違反報告)
朱殷(プロフ) - 月夜さん» そう言っていただけてとても嬉しいです…!すとぷりですね、了解です。出すのにだいぶ時間がかかってしまいそうですがそれでも大丈夫ですか、? (6月27日 2時) (レス) id: 594e537f8e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:朱殷 | 作成日時:2019年6月10日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。