占いツクール
検索窓
今日:45 hit、昨日:784 hit、合計:91,757 hit

story:71 ページ25

.


「いやぁ、遊んだ。遊んだ。おかげで真っ黒に焼けました。」

「黒すぎだろ!!」


日が沈み、夕飯になる頃には殺せんせーは闇夜に紛れるほどに焼けていた。どこに顔があるのか服を見なければ分からないほどである。


「じゃ、殺せんせー。飯の後暗殺なんで、まずはレストラン行きましょう」


*****


「夕飯はこの貸切船上レストランで夜の海を堪能しながらゆっくり食べましょう」


磯貝君がイケメンにもワイングラスを持って殺せんせーに説明をする。グラスに入っているのはジュースだが、なんともイケメンである。


「な、なるほどねぇ…まずはたっぷりと船に酔わせて戦力を削ごうというわけですか」


「当然です。これも暗殺の基本のひとつですから」


「実に正しい。ですがそう上手くいくでしょうか。暗殺を前に気合いの乗った先生にとって船酔いなど恐るるに…」
「黒いわ!!」


殺せんせーが話している最中に全員からのツッコミが入った。なんとかしろ、とメグに言われ、殺せんせーは脱皮をした。そう、"ヤバい時の奥の手"である脱皮を。


「バッカでーー。暗殺前に自分で戦力減らしてやんの」

「どうして未だにこんなドジ殺せないんだろ」


殺せんせーは、殺せない。
でも、殺さなくちゃいけない。
でも、ずっと生きていてほしい。
今そう思っているのはきっと私だけなんだろうな。


「カルマくん、これめっちゃ美味しい食べてみて」

「いちいち報告しなくていいから」


豪華な料理の美味しさを共有しようと積極的にカルマ君に話しかけるが、ほとんどスルーされる。私の扱いに慣れてきているのが嬉しいようで切ない。


「Aちゃんめっちゃ美味しそうに食べるね」


「んー?だって美味しいもん」


こんなご馳走めったに食べれないしね。
美味しく食べないともったいないわ!


.

story:72→←story:70



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (118 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
415人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 赤羽業 , トリップ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜桃(プロフ) - 紗奈さん» なんと一気読み!!長いのにありがとうございます!そんなふうに言っていただけて幸せです〜!更新遅いですが、これからもよろしくお願いします! (5月23日 18時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)
紗奈 - 一気読みさせてもらいました!とても読み進めていくことが楽しくてカルマくんと夢主の距離が徐々に縮まっていく様子もとても好きです!更新楽しみにしています!! (5月23日 10時) (レス) id: 1a4bad23fa (このIDを非表示/違反報告)
桜桃(プロフ) - トモナさん» ええ、そんな嬉しいお言葉…!!ありがとうございます!風邪引かないようにしてくださいね!!(?) (5月5日 20時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)
トモナ(プロフ) - この小説 設定とか大好物すぎて尊さを感じながら読まさせていただいてます!好きです!!!(直球)今後の展開も楽しみに全裸待機させていただきます (4月8日 9時) (レス) id: 0af9634ca6 (このIDを非表示/違反報告)
桜桃(プロフ) - サクラさん» 渡辺さんは前世を思い出す前の夢主ちゃんなんです!同化したというよりは渡辺さんが前世を思い出したっていう感じです!思い出す前は冷静沈着でしたが、今はヲタク精神が勝って暗殺教室の世界を前世以上に楽しんでいる感じです。分かりずらくてすみません(--;) (4月7日 16時) (レス) id: 225ebd0e98 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜桃 | 作成日時:2019年2月3日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。