占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:144 hit、合計:89,732 hit

99ページ ページ5

○月✕日



私は鬼なのに、人間のように受け入れてくれた鬼殺隊の皆

そして街の人



自分を受け入れるてくれた人を場所を

あの男、鬼舞辻無惨の手によって壊されては困る




「お願いは出来たか?」

「できた」

「なら帰るぞ。もう少しで夜になる」

「うん、ありがとうね」

「不死川にキツく言われたからな、お前を守れと」

100ページ→←98ページ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
208人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 不死川実弥 , 日記   
作品ジャンル:泣ける話
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:彼岸 | 作成日時:2019年11月2日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。