占いツクール
検索窓
今日:130 hit、昨日:236 hit、合計:89,475 hit

121ページ ページ29

私はやっぱり、不死川が好き



「お前はまた奪われたいか?」

「これ以上は奪われたくない、奪わせない」

「ならその罪に抗わねェとな」



自分が鬼だと言うことを分かってて、見つからったらタダでは許されない事も知ってて裏切った。

全ては昔の自分が幸せになれなかった分。


夢で見た。昔の私が、私を愛してくれた人も周りの人は死んでいくのに自分だけは死ねない事に、意味もない人間を皆殺してしまい、自分がした罪に泣いていた。

変わらないと、ずっと失い続けて、何十年も何百年も人を殺し続け、何の為に生きているか分からなくなってしまう。


だからそんな昔の自分に言った。


「今の私が抵抗する。昔の自分が出来ない事をする」



それが鬼舞辻無惨から抗うことである。

鬼殺隊を倒せなく、引き返してきた下弦が次々と鬼舞辻の手によって殺されていく、光景を見ていた。


理由は「役に立たないから」



その場では現していなかったが、怒りを覚えた

皆お前の為に死ぬほど頑張ってるのに、その頑張りに見向きもせずに次々と殺して、お前はいつか罰が当たる。




私はもうお前の命令には従わない。

不死川との約束を守る為に、昔の自分が幸せになれなかった分


今ここから変わる。

鬼の力はお前を本気で倒す為に使う

122ページ→←120ページ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
211人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 不死川実弥 , 日記   
作品ジャンル:泣ける話
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:彼岸 | 作成日時:2019年11月2日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。