占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:5 hit、合計:81 hit
鬼灯「あっ丁度いいところに、これから現世に行ってくれませんか?」

治崎「あぁ分かった」

(名前)『分かりました。次はどんな仕事をすればよろしいのですか?』

鬼灯「仕事内容はーーーー」









ーーーー
※男主
更新バラバラ

はい、また掛け持ちをしてすみませんm(_ _)m

ある作品を作っていたら思いつき、いてもたってもいれなくなりました

この小説はその作品と関係しているというか、、続編って感じです


その作品はこちら

【ヒロアカ×鬼灯の冷徹】閻魔大王の第2補佐官は現代に行って教師になるそうです執筆状態:連載中







おもしろ度の評価
  • Currently 0.00/10

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , 約ネバ , 鬼灯の冷徹
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:青月 | 作成日時:2020年9月17日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。