占いツクール
検索窓
今日:261 hit、昨日:205 hit、合計:272,720 hit

16 ページ16

.





翔太SIDE



朝からわかりやすいくらいにたにたしてるAが気に入らない。


俺には見せたことの無い表情を深澤さんに向けている。


それが今日はあからさまに出ていて抑えていた感情が爆発しそうだった。


自分の気持ちに気づいた時には遅かった。


もう何もかも動き出していて、俺は臆病だからそれを止めることを諦めたんだ。


Aは今、深澤さんと付き合ってる。


昨日立て続けに二人から正式に報告されて、俺の心はズタズタだった。


ま、Aには俺が言わせたようなもんだけど。


悪いのは自分だ。


自分の気持ちに気づいたなら動けばよかった。


だけど勝手に諦めて、Aを遠ざけたのは俺だ。


だって俺がそばにいたってAは怒ったり困ってばっかで幸せじゃないだろ?


だったら優しくて男の俺からしてもかっこいい深澤さんと一緒になった方が幸せになれるそう思って自分をなんとか納得させた…つもりだった。





なのに今日はなんでこんなに気持ちが抑えられないんだろう…


朝も今もAにつっかかるようなことを言ってしまった。


そしたら見事に怒って食堂出てっちまったA。








残された俺と美那子。


美那子はやれやれとため息をついた。



「しょっぴー、そこ座りな。」



美那子はAと仲がいい。


見た目は女らしくて持ち物ピンクばっかだけど、性格は姉御肌。


入社したての頃はよくAと美那子と俺と数名の同期でよく飲みいったりしてたっけ。



「あのさー小学生じゃないんだから…」


「別に俺は…」


「別に俺は?何?
Aに対してなんも思ってないって?
今のしょっぴー、好きな子にわざと意地悪しちゃう小学生男子と同じだよ。」


「…」


「わかってる?
Aはもう深澤さんのなの。」


「…わかってるよ」



そんなの俺が一番わかってる。


Aが選んだのは深澤さんだってことも、こうやって嫉妬する資格もないってことも、


全部わかってるからモヤモヤすんだよ。



美那子に言い返す言葉が見つからない。


Aのこと1番近くで見てきた美那子だからこそ、Aを想う俺の気持ちにも気づいてたんだろう?


絶対反対される。


もうAのことはあきらめろって言われると思ってた。


だけど美那子はまっすぐ俺を見てこう言ったんだ。







「だけどしょっぴーがAのこと本気で、深澤さんから奪ってでも自分が幸せにしたいって思うなら応援してあげてもいいよ。
同期の誼で」

17→←15



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (376 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2550人がお気に入り
設定キーワード:深澤辰哉渡辺翔太目黒蓮 , SnowMan , 恋愛   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神八爽蘭(プロフ) - namanaさん» コメントありがとうございます。とても嬉しいです(⌒▽⌒)ドキドキしていただけたようでほっとしてます!実は私もふっかが推しです!!ふっか編も頑張って書きますのでたのしまにしていただけると嬉しいです! (12月11日 22時) (レス) id: 7548cab30a (このIDを非表示/違反報告)
namana(プロフ) - 初めてコメントします(^^)もうドキドキしながら毎日更新待ってました!笑 私はふっか推しだったので、次のふっか編も楽しみにしてますね( ´ ▽ ` ) (12月11日 21時) (レス) id: b11e04c615 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神八爽蘭 | 作成日時:2020年11月30日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。