占いツクール
検索窓
今日:1,175 hit、昨日:4,274 hit、合計:626,029 hit

33 ページ33

.







「先輩が倒れた日、その話を聞いて直ぐに俺も医務室に向かいました。」


「…」



知らなかった。


目黒くんも来てくれてたなんて。



「その時見ちゃったんです。
深澤さんと先輩が抱き合ってるとこ。」


「あれは…」


「俺、動揺しちゃって。
本当は二人の間に割って入って行きたいくらいの気持ちがあったのに、実際は足がすくんで何も出来なかった。」


「…」


「先輩に対しても深澤さんに対しても、どんな風に接したらいいかわからなくて、もし不快な思いさせてたらごめんなさい。」


「謝らないでよ…」


「だけど、もし俺がもっと早く先輩の体調の変化に気づいてあげられてたら…
あの場にいたのが俺だったら先輩を抱きしめてたのは俺だったかもしれない…
そう思ったら悔しくて…」


「…」


「俺にもうチャンスないですか?
やっぱり先輩は深澤さんと…」



目黒くんの真っ直ぐな視線に逸らすことなんて許されない。


こんなに真っ直ぐ想ってくれる彼に、私もまっすぐ答えないといけない。


逃げてばかりじゃダメだ。



「あのね、確かにあの日深澤さんに抱きしめられた。
だからと言って付き合ってるわけじゃなくて、あの日は本当に弱ってたから頼ってしまったの。」


「…」


「実はその時に深澤さんから想いを伝えられて…今まで私、恋愛なんてしてこなかったからわからなくて…
深澤さんはゆっくりでいいって言ってくれて、今はその言葉に甘えて自分の気持ちに向き合ってる最中なの。」



私の話をうんうんと頷きながら聞いてくれる目黒くん。


届いた食事にもお酒にもまだ手をつけないままだ。









「付き合ってるわけじゃないなら、俺にもチャンスありますよね?」


「…なくはない、かもしれない」


「よかった」



ここへ来てやっと初めてお酒に手をつけた目黒くん。


ビールを一気に飲むと口を開いた。
 


「ここからは遠慮しませんから。
先輩には絶対に俺の事好きになってもらいます。」

34→←32



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (603 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2848人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 恋愛 , 深澤辰哉渡辺翔太目黒蓮   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神八爽蘭(プロフ) - りんごさん» りんごさまコメントありがとうございます。喜んでもらえて嬉しいです!誰オチの作品でも楽しんでいただけるよう頑張って考えますので楽しみにしていてくださいね! (11月30日 17時) (レス) id: 7548cab30a (このIDを非表示/違反報告)
りんご(プロフ) - え?!全員分のオチを考えていただけるなんて嬉しすぎます…!ありがとうございます!!更新楽しみにしています! (11月29日 22時) (レス) id: 1af05a18e5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神八爽蘭 | 作成日時:2020年11月16日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。