占いツクール
検索窓
今日:236 hit、昨日:258 hit、合計:618,314 hit

17 ページ17

.





屋上に行くのはどれくらいぶりだろう…


入社したての頃はよく屋上で翔太とコーヒー飲みながら話してたっけ。


翔太のこと思い出してたらまたふつふつと怒りが湧いてきた。




乱暴に少し重いドアを開ける。


就業時間真っ只中、誰もいないはずの屋上。








奥のベンチに腰かけてタバコをくわえる深澤さんと目が合った。


一瞬まずいって顔した深澤さん。



「なんだAか」



やってきたのが私だと分かりほっとしたように表情が緩む。



「社内禁煙なんですけどー」


「いいじゃんかよー、ん、Aも吸う?」



相変わらずタバコをくわえたまま、まだ半分以上入ったタバコの箱を私に差し出す。



「私が吸わないの知ってますよね」


「ふは、まぁそんな怒んなって。」



深澤さんが綺麗な白い指でタバコを口から抜いてふぅ、と息を吐いた。


タバコの煙が空に消える。


それをぼーっと見ているとベンチの空いたスペースをポンポンと叩いて隣に座るよう促される。



「どうした?
さっそく喧嘩か?」



図星を突かれて何も言えずただタバコの煙を目で追っていた。



「俺で良かったら聞くけど、あんまり話したくない感じ?」



この件に関しては少なからず深澤さんも関わってるし、さすがに話さない方がいいかな。


なかなか話し出さない私に深澤さんは続けた。



「なべはさ、素直じゃないから。
あんまり面白くない態度とっちゃうかも知れないけどAのことちゃんと信頼してると思うよ?」



仕事のパートナーとしてな、ってすぐに付け加えられる。




「それとも、別件?
もしかしてAってなべと…?」


「そんなわけないじゃないですか!
だいたい深澤さんがこの前…あっ」


「何何?めっちゃ気になるんだけど!」



見事に墓穴を掘ってしまった私。


何度誤魔化そうとしても引き下がる気のない深澤さん。

18→←16



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (597 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2880人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 恋愛 , 深澤辰哉渡辺翔太目黒蓮   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神八爽蘭(プロフ) - りんごさん» りんごさまコメントありがとうございます。喜んでもらえて嬉しいです!誰オチの作品でも楽しんでいただけるよう頑張って考えますので楽しみにしていてくださいね! (11月30日 17時) (レス) id: 7548cab30a (このIDを非表示/違反報告)
りんご(プロフ) - え?!全員分のオチを考えていただけるなんて嬉しすぎます…!ありがとうございます!!更新楽しみにしています! (11月29日 22時) (レス) id: 1af05a18e5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神八爽蘭 | 作成日時:2020年11月16日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。