占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:57 hit、合計:13,331 hit

番外編.阻止する為に ページ10

友斗「話は戻すけど、猫化した刀剣は出陣、演練禁止、それと…」


途中で、主様が後ろにあった段ボールを手に取り、目の前に置く。

既に開封済みで、目で開けてみろ、と言っている為、開けてみる。

それを見た時、私と長義さんはぎょっとした。


友斗「一応、猫耳を隠す物はあるらしい。けど、殆ど猫を餌付けしたりする物が殆どだな。」

『……返品って出来る?』

友斗「翌朝になったら勝手に消えるけど、今日中は無理だな。」


どうしよう、今猫になってるからか、以外と気になって仕方がない。
多分尻尾も揺れてる。

好奇心を押し殺していると、隣の長義さんが、中を探り出して、猫耳を隠す物を外に出す。
その後、上の蓋を閉じて、何処にあったのか、ガムテープでそれを閉じる。

そして懐からマイネームを取り出し、「開けたら呪う」と、何とも物騒な言葉を大きく書いた。

…否、呪うって……


長義「主、此れは誰にも見付からない所に置いておけ。乱が猫化した事を知ると、全員ごぞってこれを取りに来るだろう。」

友斗「でも遊ぶ位なら…」

長義「猫の生態を利用されて何処かの同人誌の様になっても良いのか!!」

友斗「無理見てられない!!わかった!!」


…同人誌って何だろう?
清光さんと長谷部さんに目線を送るが、「何も知らなくていいよ」と口パクで伝えられた。

…まぁ変な物だったら嫌だから、もう脳から消しておこう。


友斗「取り合えず、乱は一日中それ付けといて。聞かれたら俺が買った、って言えば良いよ。」

『あ、ありがとう。』


政府に支給された、パーカーやらを受け取り、上から着る。

これ、本当に猫耳が見えない…!!やったぜ。
尻尾は下から着る物だったから、後で自分の部屋で着る事にした。


友斗「まぁ、唯の非番だと思って過ごして良いよ。」

『本当にありがとう…!!』


主様が変な性癖とか持ってなくて良かった!!
本当に良い主をもった。もう永遠についていきます。


***

あの後、尻尾を隠す物を履いてから、縁側でぼーっとしていた。

道中で色々聞かれたけど、主様が買ったって誤魔化しておいた。
一部太刀が鼻血出して軽傷になってたけど、大丈夫かな…

まぁ色々ありまして。
長義さんは遠征が入ってたので、実質一人な訳ですよ。

でも部屋に籠るのもなぁ、と思い、只管日向ぼっこしてる。

多分猫の生態でもあるんだろうけど。

番外編.撫で心地が良いのです→←番外編.主様がイケメンだ…



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
97人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 乱藤四郎 , 成り代わり
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:赤林檎 | 作成日時:2019年2月16日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。