占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:564 hit

ページ4

『雲羽の、あっ、く、うさんの才能って、…』

雲羽(さん付けするのめんどくさいので)の才能って何だろう?
っていうか今髪色変えたよね!?瞳の色まで!
じゃあ、姿を変えられるとか何か…?

「私の、才能は、“変化(へんげ)”みたいなものかな?あと、…別に、雲羽、でもいいけど…」

変化ってなんか、神々しそう…
だから、なんか、姿…変えられたんだ…!
あぁ、でも時々来る乙女な一面、どうやって対処すればいいか分からない〜

「でもね、正式名称何て、才能にはないの。仮として“変化”何て呼んでるけど、私は気に入らない。だから私は、“トランスフォーメーション”って呼んでるの。こっちの方がかっこいい気がして、ね!」

ニヘっと笑う雲羽、まるでずっと探してきた仲間が現れたような顔。僕は雲羽の仲間なのだろうか?

『えっと、雲羽…その、裏の世界って何?』

「ふふっ、そのうち分かるよっ!だって、今から行くもん。 えっと、この飴食べるんだっけ?」

イチゴ飴のようなピンク色の飴を、口の中に放り投げた雲羽は、またまた、白い霧に包まれた。

「ほーら、そ、空も食べて…!」
霧の中からの手から飴を差し出してきた。

これ、なんか間近で見ると凄いピンク色だけど…食べていいのかな?
「はーやーく!」

『わかった、わかった! えーい!もう食べちまえ!』

コロッとした飴は口の中で絶妙な酸味、甘味を奏でていた。
これが本当の飴ならば、今まで食べてきたのはまずい砂糖の塊。
もしかしたら、人生の中で食べてきた何よりもおいしいかもしれない!

『んまっ!(うまっ!)まみこえ?(なにこれ?)ほんとに飴?』
しかし、物の数十秒で、綿あめのように消えて行ってしまった。

「ええ、これホントに飴よ。っていうか、コッチの世界の食べ物は私、あんまり好みじゃないわ。もっと甘くしてほしい…ほらあの、なんか緑の草?スース―するやつ…あーわかんないーっ最低限の知識しか身に着けなかったこと、失敗だったわ〜」

『ハーブ?』

「そう、それ、コンビニでその飴、買ったんだけど、すっごい、スース―しててびっくりしちゃった!どうにかできないの?でも、アイスにしてチョコレートと入れたやつは合格ね!」

グルメの話にずれて行ってるー
でも、何でこれなめさせられたんだろう?

『何でこれ舐めなきゃいけないの?』

「あ、ごめん。つい、食の話になると…あのね、それを舐めることで、裏の世界に行けるようになるの!こっちの世界の人でもね」

裏→←雲 【後編】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (5 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:白井ユエ | 作成日時:2021年5月24日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。