占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:3 hit、合計:3,034 hit

アニメ編1 ページ19

in星火寮前
『失礼します』
じ「おぉ愛笑良くきたのぉ、上がれ上がれ。」
『お邪魔します。』
士「あっ愛笑さん‼️」
『士門もうついてたの?』
士「はい」
in縁側
清弦「よぉ愛笑久しぶりだなぁ〜」
『お父さん久しぶり』
清弦「噂は、聞いてるぜ上手くやってるみたいだなぁ〜」
『うんなんとか、最初はお父さんの後継いで大変だったけど上手くやれてるよ』
士門「ところで」
愛笑/清弦『ん?』
士門「愛笑さん、妹さんも陰陽師を?」
『え?そうなの?』
清弦「あぁ」
士門「愛笑さんの妹さんともなると、才能は、あるんでしょうね。」
清弦「いや、あいつは、物覚えも2人(愛笑と玖弦)と同じくらいいいし呪装の習得ペースもいいが、才能はねぇなぁ」
士門「そうですか・・清弦さん、京都には、いつ戻って」
清弦「十二天将白虎が、愛笑に変わってからもう2年かぁ」
『‼️』
『そして、九鬪神三尾が空になってからもう4年かぁ』
士門/清弦「「‼️」」
『・・・』
士門「4年も、空何ですか‼️」
『えぇ』
『中々緑以降の三尾が選ばれなくてね』
清弦「あの時から4年間かぁ」
『そろそろ三尾に次を選んで貰わないと・・』
士門「時間的にも」
清弦「ヤバイなぁ」
『うん』
スッ『・・・・』
『預かってるんだけど、中々反応が無くて・・』
士門「九鬪神の決まりかたって確か・・・」
『三尾達が自分の使い手を見つけると、反応があって、その物が認められれば決まり‼️っていう決まり。そして、こんなにも長い間空なのは、初めてよ。』
『(もしかしたら・・・あの子が・・・)』

2→←式典4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.1/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:双星の陰陽師 , 姉弟 , 天若清弦
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:七種愛笑 | 作成日時:2018年12月10日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。