占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:35 hit、合計:40,875 hit

コーヒーカップ ページ38

ウニョク:アハハ。はい、起きて!

笑いながら私を起こしてくれる…

そしてまた二人並んで座り、特別話をするわけでもなく、ゆったりとした時間だけが過ぎていく

A:あっ!お茶すら出してないね!コーヒーでいい?

ウニョク:お気遣いなくぅ!

A:アハハ!どこで覚えたの?

キッチンから見えるウニョクの姿

ソファーに座りながら私の部屋を見渡している

ウニョク:あっ!

どうやら目に入ったらしい
SUPER JUNIORのグッズ

立ち上がりグッスリを並べてる棚に向かう

嬉しそうな顔でグッズを手に取ったりしてる

そんな姿に

A:フフッ…

笑ってしまった

ウニョク:見てたの?

A:見慣れてるでしょ?自分達のグッズ!

ウニョク:グッズはね!でも、付き合って僕のグッズを買ったり、部屋に並べたりする彼女は初めてだよ!

A:え?!なんで?

ウニョク:何でかは分からないよ!だから不思議な感じ!

手に取っていたグッズを棚に戻し、キッチンへ向かってきた

ウニョク:コーヒー入ったんでしょ?運ぶよ!

紳士だ!
コーヒーなんて私で十分運べるのに…

A:ありがとう!

ウニョク:えぇ?なんで、ありがとう?

A:私でも運べるコーヒー運んでくれるから!

ウニョク:コーヒーぐらいいくらでも運ぶよ!

ソファーの前の机に二つ並んだコーヒーカップ

優しい湯気を立てながら
まるで優しいウニョクを表しているかのように見える

A:なんか…ウニョクみたい

ウニョク:何が?

A:コーヒーから立ち上る優しい湯気が…

ウニョク:Aは感性が豊かだねぇ…ドンヘと気が合いそうだ!

そう言いながらコーヒーを口に運ぶウニョク

コーヒーをただ普通に飲んでるだけなのに
そんな姿さえ画になる

ウニョク:ねぇ…

ねぇ?って言った?
可愛すぎるのですが…

ウニョク:お揃いのマグカップだけど…誰との?

あ…ここで嫉妬発動なのね

A:誰とだったかなぁ…

わざと言ってみる

ウニョク:A!?

ウニョクは嫉妬が出ると、どうやら私の名前を呼ぶのが癖のようだ

A:アハハ!尚美とだよ!女性が好きそうな柄でしょ?

私もコーヒーを一口飲み、カップを置きウニョクを見た

あぁ…やってしまった

A:ウニョク…私のハートはウニョクで一杯。仮に過去の人との物があったら捨ててるよ.それほどに私のハートはウニョクに支配されてる…

ウニョクは何も言わずにそっと抱き締めてきた…

夢か現実か→←ただいま



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
120人がお気に入り
設定キーワード:SUPERJUNIOR , ウニョク , 恋愛   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mayu(プロフ) - ウニョク、私も好きです。イトュク→イトゥクでは? (2月21日 23時) (レス) id: 638b387d49 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:優勇 | 作成日時:2019年8月17日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。