占いツクール
検索窓
今日:183 hit、昨日:514 hit、合計:1,478 hit

(5) ページ8

「えっと…20時3分、ですかね。…あれ、違う」

ここに来て気づいたが、俺はどうやら腕時計を逆さまの状態でつけてしまっていたらしい。

つまり正しくは朝の2時3ふ…………………。

…皆は覚えているだろうか水曜日に、2時ぴったりで山の崖から飛び降りると起こってしまうあの“都市伝説”を。

まさかと思った。体感的にも、目覚めた場所からここに来るまではおよそ2〜5分といったところだろう。

…もし、あの瞬間が朝の2時だったとすれば。

俺は、境の世界に行く条件をすべて満たした状態で飛び降りたということになる。

その考えにたどり着いたとき、アスベルは「やっぱりな」と言った。

「そういうことだ。さっき叫んだ奴。今ので事情は大方わかっただろ。こいつは“生の世界”から“ここ”に迷い込んだんだ。見慣れない服装も多分そのせいだろうから、お前の心配してるような奴らの使者じゃねぇよ」

…よ、よくわからないが恐らくこちらの味方をしてくれている!…と思う。

しかし俺の悪い予感は的中してしまったらしい。彼の言う生の世界とは、おそらく生者が住んでいる世界ということだろう。そして、ここは境の世界。生と死の境。住むものの違い。命の有無。それらを分けている世界ということだろう。

正直、死にたかったのに〜!とかではなく、は?ここ何処??とかのほうが強い。

此処がどこかというのは、先ほどの話でおおよそ理解できたが、次に気になる点と言えば…

「あの、さっきのアレはなんだったんですか?」

「あ?…あぁ、あれか。アレはなんていえばいいんだろーな…人によって呼び方が違うな。永遠の負とか、影の波とか…黒砂とか。そんな風に言われてるな」

「急いで逃げたのは…?」

「アレに飲み込まれるとな、アイツらの仲間になっちまうんだよ。アレがどういうものかについて簡単に言えば、人でも化け物でもなくなった…まさにゴミみたいなものだ。砕かれて、溶かされて、混ぜられて、原型も記憶も存在も、何もかもがなくなるんだよ」

(6)→←(4)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.6/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 男主人公 , ファンタジー   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

満天星(プロフ) - 紀元前の海苔男さん» 紀元前の海苔男さん、ご指摘ありがとうごさいます!参考にさせていただきます! (6月17日 14時) (レス) id: 4977ad56f4 (このIDを非表示/違反報告)
紀元前の海苔男(プロフ) - 満天星さん» 私の作品に感想くれません?http://uranai.nosv.org/u.php/novel/0067dca55e1/ (6月17日 14時) (レス) id: fa2781bdc8 (このIDを非表示/違反報告)
紀元前の海苔男(プロフ) - ちょー人気ない系非リアの処女作制作中の雑魚です。あの、失礼ですが、瞼、眼、瞳という表現のなかに双眸、眼窩を混ぜて使ってみては?上品に感じません?とか言っといて下品なことを言いますよ。(お気に入り登録させていただきました。)ほんとに人気ないんです! (6月17日 14時) (レス) id: fa2781bdc8 (このIDを非表示/違反報告)
満天星(プロフ) - 感想並びにご指摘等御座いましたらここにお書き頂きます様お願い申し上げます。というかほぼ何でも書いていただいておkです。励ましの言葉などありますと更新ペースが上がる!…かも。 (6月16日 20時) (レス) id: 6ac6ac398f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:満天星 | 作成日時:2018年6月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。