占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:25 hit、合計:64,281 hit

12 ページ14

どうやら頭の良い人って教え方も上手みたいで、湊の説明はすごく分かりやすくて、あれだけ苦手意識のある数学が段々と楽しく感じられるから本当に不思議だった。

と言うか、湊は随所で「飲み込み早いじゃん!」とか褒めてくれるし、オレがどんなに質問攻めしても根気よく、嫌な顔ひとつせずに教えてくれた。
ホントに優し過ぎる。天使か、って位。



「湊、この問題って、さっきの公式で解ける?」

「どれ?」

オレが示した問題を覗き込んで顔を寄せ合った時に、ふわりと良い香りが鼻を擽る。


あ、何だろ、この香り。
石鹸みたいな、花みたいな。とにかく良い香り。

思わず無意識に湊の頭とか肩とかクンクンと嗅いでみた。

「えっ、何してんの?」

湊はびっくりした顔でオレを見てるけど気になって仕方ないんだもん。

「だって、さっきから気になってたんだけど。湊、香水か何か付けてる?」

「えぇ? 付けてないよ。なに、何かキツい臭いするって事?」

慌てて自分で制服の腕の辺りをクンクンしてる湊に、オレはブンブンと首を横に振った。

「じゃなくて。 さっきから良い香りだから気になっちゃってさ」

すると湊はホッとしたような表情を見せた。

「何だよー。俺、クサいのかって焦ったじゃん!」

「え? ……あー、違うってば。ゴメンって」

そうやってふたりで笑い合って、結局シャンプーの香りだろうって事に落ち着いた。

「何てシャンプー? オレもそれ使おっかな。真似しても良い?」

「ん、それは全然良いけど。
でも何て名前だっけ……。母さんが買ってくるヤツだからなぁ。覚えてないや」

そう言って考え込んだ湊を見つめていると部屋のドアが軽くノックされて、湊の母さんが顔を見せたから崩していた足を揃えて慌てて座り直した。


「Aくん、いらっしゃい」

そう言ってふわりと緩いウェーブの髪を揺らして微笑んだおばさんは、色白で髪や目が栗色で、一目瞭然で湊と親子なんだって分かる。だって、ホントそっくりなんだもん。とても優しそうな雰囲気の人なんだよね。

「おばさん、お邪魔してます」

ペコリと頭を下げて挨拶するオレの隣に座ってた湊が立ち上がっておばさんからお菓子の乗ったトレーを受け取った。

「母さんおかえり。……あ、ケーキ美味しそう」

「ただいま。
ふふ、ベイグドチーズケーキよ。昨日焼いておいて正解だったわね。
Aくん、おかわりあるから沢山食べてね」

「はい、いつもありがとうございます。いただきます」

13→←作者より



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (133 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
136人がお気に入り
設定タグ:BL男主 , 名前変換オリジナル , 片想い , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

みるくプリン(プロフ) - 星野夜空さん» わぁぁ、ありがとうございます!合作されてるんですね。楽しそうだしやってみたいんですけどマイペースな私は無理そうで手を出せないでいます(笑)のんびり更新ですが頑張りますねっ^^* (2019年12月27日 18時) (レス) id: 7db76bcf0c (このIDを非表示/違反報告)
星野夜空(プロフ) - 学生もの大好きなので、俺得でした。更新頑張ってください。ぼくも個人でも書いてみようかな?と考えていても、中々ペン?が進まずに合作にしか頼られなかったんです。ボクは、兄弟物ばかり書いています←個人的に書きやすい (2019年12月27日 17時) (レス) id: d8b98ac4bc (このIDを非表示/違反報告)
みるくプリン(プロフ) - ネコさん» ありがとうございます!のんびり更新ですが頑張りますねっ(*^^*) (2019年12月19日 20時) (レス) id: 7db76bcf0c (このIDを非表示/違反報告)
ネコ - 面白いですっ!更新頑張ってくださいっ!応援してます! (2019年12月19日 20時) (レス) id: d9ca8b4073 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みるくプリン | 作成日時:2019年11月3日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。