検索窓
今日:209 hit、昨日:352 hit、合計:306,617 hit

#40 ページ40

「あ、あれ可愛い」




展望台から降りてお土産屋さんを横切った時、つい口に出した言葉。



ガラス張りのお店にイルカやペンギンなどのぬいぐるみがずらりと並んでいた。




渡「見てみる?」




「うん!」





店内に入り、すぐにイルカのぬいぐるみを手に取る。


今日のショーの事を思い出し、「可愛い〜」とフワフワのぬいぐるみをつい愛でてしまう。





渡「買えば良いじゃん、笑」





「ん〜…」





確かにちょっと欲しいけど…




「持ち帰るにはちょっと大きすぎるかなぁ」





とか言って、

もしかしたら家族や久美と来ていたら買ってたかもしれないけど、渡辺くんに子どもっぽいと思われるのが恥ずかしくて。





渡「うわ、めっちゃフワフワ」



だけど意外にも渡辺くんも横から手を伸ばし、ぬいぐるみを撫でているので、「はい」と手渡してみる。





「似合うよ」




渡「やめろよ、笑」




「買えば?」




渡「いらねーよ、笑」





イルカを抱えた渡辺くんが妙に可愛くて、

まるっとそのままぬいぐるみごと抱きしめたくなってしまう。





結局ブラブラとグッズを眺めただけで店内を後にした私たち。


外はすっかり暗くて、いよいよ帰る時間となってしまった。


駅へと向かう道もしっかりと手を繋ぎ、今日の楽しかった出来事を2人で語り合う。






付き合うって、

こんなに素敵な世界だったんだ。





それもこれも、全部渡辺くんが教えてくれた。






渡「あ、ちょうど行っちゃったじゃん」



ホームに着いた時、私たちが乗るはずの電車がちょうど走り去ってしまった。




こんな事言ったら渡辺くんは嫌がるかもだけど…





「やった」

心の声が小さく漏れてしまう。






次の電車が来るまで15分。

また少し渡辺くんと長くいられるのが嬉しいんだもん。






渡「…今喜んだ?」




「…うん」





どうやら聞こえてしまっていたらしい。





渡「長くいられるもんね」




「…うん」






…聞いてもいいかな、、






「渡辺くんも…嬉しい?」






ドキドキしながら思い切ってそんな質問をしてみる。






渡「…どう思う?」





「えぇ?」






まさかの質問返しとは…

とたんに恥ずかしさが込み上げてくる。






「嘘です…何でもないです…」


無かった事にしたくて、モジモジと俯く私。






渡「諦めんなよ、笑 …俺も嬉しいよ。しかも誰もいないし」





その言葉と共に、私の腕を引いてふわっと抱きしめた。

#41→←#39



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (564 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2899人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みか - お疲れ様でした✨いつも読み応えあります (7月3日 20時) (レス) id: d2e789e792 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みんみんさん» こんなデートがしてみたかったなんて、本当に嬉しいお言葉です🥺ありがとうございます🥺💕最後まで読んで下さりありがとうございました☺️✨ (7月3日 12時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みんみん - こんなデートがしてみたかった。もちろん渡辺くんと💙あとがきを読んで納得。すれ違いや嫌なライバル登場等が無いおかげで、読み手のこちらもノンストレスで気持ち良く読み進められました!素直に気持ちを言葉に出来る2人だったのもホント最高。 (7月3日 1時) (レス) @page43 id: d946c1f5c6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。