検索窓
今日:196 hit、昨日:352 hit、合計:306,604 hit

#3 ページ3

それからしばらくして、私の最寄り駅に到着。





渡「本当にいいの?」





「うん、駅から近いし」






渡辺くんはわざわざ家まで送ってくれると言ったけど、再び電車に乗って帰らせるなんて申し訳なくて。





渡「ん、じゃあ気をつけて」





そう言って、繋いだ手が解けた。





別に永遠の別れでも何でもないのに、何故だかその時のそれがすごく悲しく感じてしまって。






あぁ、


私ったらもうこんなにも渡辺くんに染まってるんだなって。






「渡辺くん」






渡「ん?」






「今日の夜、電話してもいい?」






渡「…全然良い」






「ん、じゃあ…また後で」






渡「おぅ」







会う訳じゃないけど、今夜また声が聞けるからまた後でって挨拶にした。






…変じゃなかったかな、、、





言った後で心配する私は、やっぱり恋愛ビギナーだ。












帰り道に本屋さんに寄った。





今までは漫画や雑誌コーナーに直行していた私が、なんと『春夏お出掛け・デートスポット』というポップの貼られたコーナーに来ている。






1番山積みになっていた本を手に取り、パラパラとめくる。





‘’大好きな彼と行く忘れられないデート‘’




そんな見出しに、「これだ…!」と思いながら食い入るように見入ってしまう。






テーマパーク、

オシャレなカフェ、

動物園に水族館、

お花畑や海、

BBQなんかも。







情報量が多すぎて、目眩がしそうだ。






とりあえずその本を即決し、レジへと急いだ。






買った本を抱えて帰る道はニヤニヤが止まらない。





ページを捲りながら渡辺くんと行くデートを想像しただけですでにドキドキして楽しみで。






少し前の私は、好きな人が出来ただけで浮かれていたのに。





想いが通じ合う事がこんなに嬉しい事なんだって、初めて気付いた。







恋ってこんなに楽しいんだね、渡辺くん。







渡辺くんも私と同じように、週末が楽しみだといいな。

#4→←#2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (564 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2899人がお気に入り
設定タグ:渡辺翔太 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

のまんぼー(プロフ) - 初めまして。すごく素敵な作品でした!お互いが好きで切ない感じがめちゃくちゃ好きでした! (9月25日 23時) (レス) id: b15a367a8c (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みかさん» いつも本当にありがとうございます😭みかさんのコメントめちゃくちゃ励みになってます🥺✨ (7月5日 20時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みか - お疲れ様でした✨いつも読み応えあります (7月3日 20時) (レス) id: d2e789e792 (このIDを非表示/違反報告)
R(プロフ) - みんみんさん» こんなデートがしてみたかったなんて、本当に嬉しいお言葉です🥺ありがとうございます🥺💕最後まで読んで下さりありがとうございました☺️✨ (7月3日 12時) (レス) id: 7b806d3bae (このIDを非表示/違反報告)
みんみん - こんなデートがしてみたかった。もちろん渡辺くんと💙あとがきを読んで納得。すれ違いや嫌なライバル登場等が無いおかげで、読み手のこちらもノンストレスで気持ち良く読み進められました!素直に気持ちを言葉に出来る2人だったのもホント最高。 (7月3日 1時) (レス) @page43 id: d946c1f5c6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:R | 作成日時:2022年6月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。