占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:9 hit、合計:6,127 hit

8 ページ7

オートロックに暗証番号を入力し、エレベーターに乗る

私は特に高収入という訳では無いが、両親に一人暮らしをするならセキュリティ一面で安全なところにしなさいと言われたため、少し高い賃貸マンションに越してきた

「ちょっと待っててください、軽く片付けてくるので」

荷物をキッチンのテーブルに置き、リビングを片付ける

そこまで散らかってはいなかったし、掃除も今朝したので、直ぐに招くことが出来た

「何が食べたいとかありますか?」

「任せる」

帽子を脱ぎ、外套を脱いだ彼は、やはり愛犬に似ており頬が緩んだ

ソファーに座った彼を確認し、早速私は調理台に向かい、作業にかかった




「お待たせしました」

食卓にご飯に味噌汁、肉じゃが等を並べる

私が上手く作れるといえば肉じゃがぐらいしか自信が無いので、不安だ

「おぉ、美味そうじゃねぇか」

テレビを見るのを中断して椅子に座った中也さん

並べられた食卓をみて目を輝かせた

箸を用意し、いただきますと、2人で唱えてご飯を食べ始める

「!美味い」

「よかった·····」

幸せそうな顔をしてご飯を食べてくれる彼を見て安心した

あんな高級車に乗るぐらいだから、庶民の味、ましてや私の手料理など気に入ってくれるか不安だった

あんなに作った肉じゃがも、気づけばなくなっていて、中也さんは喜んで食べてくれた

「なあ、あの写真に写ってンの、お前の犬か」

「ええ、可愛いでしょう、·····とてもいい子でした」

テレビ台の上に置かれた私とルーチェの写真を指して彼は言った

彼には、ルーチェに似てるとは言わなかった

9→←7



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
80人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 中原中也
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さち - このお話、凄く微笑ましいです!!!続き期待してます!! (9月25日 19時) (レス) id: 50e2c8124c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みかん | 作成日時:2019年8月21日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。