占いツクール
検索窓
今日:23 hit、昨日:180 hit、合計:96,984 hit

#41 ページ41

「着替えたら順次グラウンド・βに集まるんだ!」
「はい!」

小学生の如く、綺麗に揃った声。生徒の表情から楽しみになのだなと理解する事が出来るくらい表情に出ていた。生徒達はわいわいと束になって話している間にAは一匹オオカミのように一人でと更衣室に移動し己の服に手をかけた。

「おい」

Aの背中に声がかかった。「…なに」まるでAはその気配を前から理解していたかのような声色で返事をする。

「…テメェ、何者だ」

Aは知らぬ顔で服を脱ぎ始める。その時に見えた痣に男子は喉を鳴らした。男子の疑問にAは肩を揺らすが何処となく楽しんでいるようにも見えた。

「…知らないよ」

振り返れば真っ黒な瞳に赤と白という特徴的な髪色が映った。

「…しらばっくれても無駄だ。見えたんだよ、アンタが拳銃を所持している所をな」

まるで名探偵かのような口ぶりで話す男子。Aは呆れたように鼻を鳴らし外套を羽織った。男子の瞳に入らぬように上手く隠し持っていた拳銃にふわりと外套という名の布が覆った。

「…秘密」

それはまるで天使のような、笑みであった。人差し指を己の唇に置く。ふっくらとした口唇を舌で舐めとる。ハニィトラップのようなそれ。男性であるAなのだが女性に見えて仕方なかった。己の前髪を掻き上げる。ネクタイを掴み顔を近づけ流れるような動作で男子の頬に接吻を一つ落とす。男子は生唾をごくりと喉に通した。Aは笑みを深め更衣室を出ようとした時だった。腕に圧迫感が伝わり引き留められた。

「…轟焦凍」

また一人、沼地にはまってしまった。一度沼地にはまってしまえば一生抜け出せない。Aは先程までの笑みは何処へ行ったのだろうと思う程の絶対零度の瞳で腕を振り払った。更衣室の入り口には深刻そうな表情をした男子生徒がいた。
轟は、己の手を見つめる。そして意味もなく静かに溜息を吐けば虚空へと溶けてなくなった。

*

「さぁ、始めようか。有精卵共!」

壁に靠れかかりAは己の携帯を弄る。轟はそれを熱の孕んだ目で見ており、周りの生徒は複雑そうな顔をした。

「…あ、首領からだ」

蚊の鳴くような声で呟いた。Aの表情は何処か嬉しそうに微笑む。「むっ!」一人の男子生徒が動いた。

#42→←#40



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
191人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ/文スト , アニメ/クロスオーバー , 男主/市販書き   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

黒武(プロフ) - 何箇所か「うねる」という表現がありましたが、「うなる」ではないでしょうか。うぅ…というのは唸るときに出るものですし。所々、助詞の使い方が違う所がありましたので、読み返してみてはいかがでしょうか。細かい指摘、すみません!お話はとても好きです! (3月5日 2時) (レス) id: 82ef289687 (このIDを非表示/違反報告)
豆腐に住み着く棒人間 - アドバイスありがとうございます!!素敵な文体だなんて嬉しいです!確かに長くだらだらとした文章かもしれません…わかりました。零奈様の言うとり、文を区切るらの工夫をしてみます。本当にありがとうございます。 (1月31日 18時) (レス) id: 514b4bbba8 (このIDを非表示/違反報告)
零奈 - 遅くなってしまい、申し訳ございません。とても素敵な文体で憧れます!特に風景の描写が好きです。ただ句読点が少なく、冗長な書き方になっていると思います。長くなりすぎるようであれば、文を区切る等の工夫をしてみると良いと思います!これからも投稿頑張って下さい! (1月31日 17時) (レス) id: 284b242d52 (このIDを非表示/違反報告)
豆腐に住み着く棒人間 - 竜騎士みぃさん» すみません…今気づきました。ありがとうございます。なるべく見直すようにはしているのですが、よく見落としちゃって…さらに注意深く見させて頂きます。こんな文章しかかけないのですが、愛読していただけると嬉しいです。私もまだまだなので頑張らせて頂きますw (1月24日 19時) (レス) id: 514b4bbba8 (このIDを非表示/違反報告)
竜騎士みぃ(プロフ) - 素敵な文章なのに誤字脱字がひどい… (1月24日 15時) (レス) id: e8f36b9305 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:豆腐に住み着く棒人間 | 作成日時:2019年12月11日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。