占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:408 hit、合計:17,327 hit

苦いチョコレート。 ページ6

「うつくん。待たせてごめんね。そろそろ出よっか。」

店内を回っていた彼女の手には、何も持たれておらずそのまま店を出た。
直後、僕は問いかける。

「あれ、なんも買わんかったん?」

「うん。みんな可愛いけど、別にいいかなぁって思って。それに、最初に見たバレッタなくなってたから…」

「ああ、それなら。」

先程買って、綺麗にラッピングしてもらったそれを手渡す。

「はい。これ、Aちゃんに。」

少し悲しげな表情を浮かべた彼女だが、驚いた表情に変わる。

「え、これって…」

「その、最初に見てたやつやで?名残惜しそうに見てたから。ほら、“彼氏”からのプレゼント。」

受け取ってくれる?と微笑むと、

目を細め恥ずかしそうにはにかんだ。

「えへ…。ほんまにありがとう。」

あ、かわい。

君に喜んでもらえるなら、僕は何でもするよ。

「Aちゃんに似合うなって思ったから、買ってん。また次デートする時付けてきてな?」

「うん!うつくん、ほんまにありがとう!めっちゃ嬉しい…!」

さり気なく次のデートの約束もした。

片手でギュッとそれを抱きしめて、もう片方の手で僕の袖口を掴みブンブンと振る。

「あはは。喜んでもらえて僕も嬉しいわぁ。ほな、次行こか?」

そのままするり、Aちゃんの手を握る。

最初は驚いた彼女も、慣れたのか握り返してくれる。

彼女の体温が溶け込む。

今まで色んな女の子とデートしたけど、ほんまに好きな女の子が隣におったらどうしたらええんか全然わからへん。

僕は君にゾッコンやねんで。Aちゃん。

はよ、気づいてくれへんかなぁ。


今はまだ、お試しの恋やけど。

いつかほんまに恋を知った時に、僕に振り向いてな?

苦いチョコレート。→←甘いチョコレート。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (46 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
246人がお気に入り
設定キーワード:d! , ut , wrwrd
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ちぇる(プロフ) - メロンパンさん» コメントありがとうございます! (12月1日 19時) (レス) id: 2136318bfb (このIDを非表示/違反報告)
メロンパン - 彼氏が関西弁ってのがきゅんきゅんですねぇー 次の更新も楽しみにしてます!! (12月1日 17時) (レス) id: 0e27099bf0 (このIDを非表示/違反報告)
ちぇる(プロフ) - つむ(^p^)**さん» コメントありがとうございます! (11月25日 20時) (レス) id: 2136318bfb (このIDを非表示/違反報告)
つむ(^p^)** - コメント失礼します。純粋でピュアっピュアで見てるこっちが思わずキュン、と胸が高鳴ります。はっ…!これって…恋?((凄く可愛らしくて甘酸っぱいのに、本当にチョコレートのように甘々で…大好きです。これからも更新頑張ってください! (11月25日 20時) (レス) id: 747155de06 (このIDを非表示/違反報告)
ちぇる(プロフ) - 猫大好きさん» コメントありがとうございます! (11月24日 19時) (レス) id: 2136318bfb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちぇる | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年11月23日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。