占いツクール
検索窓
今日:23 hit、昨日:93 hit、合計:79,753 hit

玖拾玖 ページ32





それでも、いくら気持ちを伝え続けても、やはり義勇さんにそれが伝わるわけもなく、義勇さんの鼓動の速さは未だ一定のままだった。


「……A」

『…はい、なんですか?』


そのことを少し残念に思いながらも、義勇さんに私の気持ちを伝え続けていると、不意に義勇さんに名前を呼ばれ、私は渋々ゆっくりと義勇さんから体を離し、義勇さんを見上げる。


「頼みがある」

『……言ってみてください』


そして目が合うと、義勇さんは私の頬に手を添えながら、頼みがあると言ってきて。今のはまだ頼みではなかったのかと思いつつ私は義勇さんの言葉を聞き入れる準備をした。


「……Aから、接吻をして欲しい」


義勇さんのその頼み事は、たった一言で済まされた単純なものではあったが、まさかそんなことを頼まれるとは思っていなかった私の頭は一瞬、真っ白になった。


『…せ、っぷん…って、キスのこと…ですよね?』

「そうだ、接吻だ。口吸い…いや、キスと言った方がAには分かりやすいのか?」

『もう大丈夫ですっ!!!』


そして混乱した頭で当たり前のことを義勇さんに聞けば、義勇さんはキスの呼び名を尽く上げてきたため、聞いていた私の頭の中は、沸騰して爆発しそうな程に恥ずかしいという思いでいっぱいになる。


『………私からじゃなきゃ、駄目ですか?』

「駄目だ」

『ど、どうしてもですか?』

「……先程、なんでもすると言っただろう」

『…そんなことッ……いや、言いましたけど…』


今義勇さんはハッキリ私からという言葉を頭につけ加えていた。ただキスをするだけならまだしも、私から義勇さんにという表現が加わったことで、一段とハードルが上がった気がする。

そして私は、先程義勇さんが後ろから私を抱きしめてきた時に、離れて欲しくて咄嗟に言ってしまった言葉を酷く後悔した。

今更そんなことは言ってないと、身に覚えがないと言っても義勇さんに通用するはずがないと思った私は観念してそれを認める。


でも、いくらなんでも私からなんて……!



illustration***→←玖拾捌



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (116 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
579人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 冨岡義勇 , 鬼殺隊
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Luccica6(プロフ) - あたしもリアタイで見ましたよ!見逃しではスクショいっぱい撮りたいです!義勇さんの表情がとっても豊かで面白かったですよね!義勇さん推しにはたまらない!! (8月25日 8時) (レス) id: 0e0c076021 (このIDを非表示/違反報告)
空讃岐 - 分かります!私もアニメをリアタイで見ました!私も義勇さん推しです!私もぎゆしのは地雷です。でも、恋愛じゃなくて仕事仲間としてなら大丈夫なんですけどね(笑) (8月25日 3時) (レス) id: 0f3cd23380 (このIDを非表示/違反報告)
無一郎と義勇が可愛いくて仕方ない隊(プロフ) - 顎の骨割れるw (8月25日 1時) (レス) id: 774efab444 (このIDを非表示/違反報告)
さな(プロフ) - カナヲちゃんの容赦ない蹴りで凄い笑ってしまいました.w (8月25日 0時) (レス) id: 5d24f2ef59 (このIDを非表示/違反報告)
無一郎と義勇が可愛いくて仕方ない隊(プロフ) - 来週私、テスト勉強で、見れないんです。つらい (8月25日 0時) (レス) id: 774efab444 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:3℃ | 作者ホームページ:https://mobile.twitter.com/docee_3  
作成日時:2019年8月20日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。