占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:432 hit、合計:79,524 hit

捌拾玖 ページ21





「…それじゃあ、そろそろ私は屋敷に戻るよ。
A、しっかり怪我を治すんだよ」

『はい…ありがとう、ございます…
…あまね様も…わざわざ、御足労いただいて…感謝しています……』


目覚めてから数分の間、まだ少しボーッする意識の中で何とかお館様と会話を交わし続けていると、あまり優れなかった気分もだいぶ楽になってきた。

そのことを見兼ねてか、私の手を握っていたお館様の手は離れ、お館様はゆっくりと立ち上がって、最後にと私に激励の声をかけてくださる。

お館様と、お館様の付き添いで一緒にこられていたあまね様にもお礼を言うと、あまね様は私に向けて一礼してすぐお館様の傍に寄り添った。


「……義勇、Aのことは頼んだよ」

「御意」


そして医務室を出る間際、お館様は未だ私の手を握り続けている義勇さんに向けてそう言葉を言い残してから、医務室を退出なされた。


御意、と義勇さんが返事をした時、私の手を握る手により一層力を込められたことにすぐ気がついた私は、反対の手で義勇さんの手を包みたいという衝動に駆られる。


「……A…?
…あまり無理はするな、傷口が開くぞ」

『……ッ、義勇さん…』


真っ直ぐ上を向いていた体をなんとか自力で動かし、義勇さんのほうに向けるよう寝返りをゆっくりとうった私は、心配そうな表情で先程からじっと私を見つめている義勇さんの手を包んだ。


『……ご心配を…おかけしました…
私は、もう…大丈夫です、よ…』


そして、ゆっくりとその手に力を込めながら、笑って義勇さんを見上げ、言葉を掛ける。


『…私、どれくらい…寝てましたか?』

「……一週間だ」


未だ少し泣きそうな表情をしている義勇さんの顔を見るのは、何だかとても久し振りのように感じた。

一体私はあれからどれくらいの時間眠っていたのだろうかと義勇さんに聞くと、義勇さんは俯きながらボソッと小さな声で呟く。


一週間…そう聞いて、私は驚きはしなかった。
昔任務で大怪我をした時は、もっと長い時間深い眠りについていたから。

でも、その一週間の時間感覚は、私と義勇さんとでは全く違ったようで。


「……心配、したんだぞ」

『…義勇さん…』


俯いた義勇さんは、絞るような声でそう言う。

……ああ、この人はきっと今、我慢しているんだな。と、そんな状態の義勇さんを見て私は申し訳ない気持ちでいっぱいになった。



玖拾→←捌拾捌



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (116 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
580人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 冨岡義勇 , 鬼殺隊
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Luccica6(プロフ) - あたしもリアタイで見ましたよ!見逃しではスクショいっぱい撮りたいです!義勇さんの表情がとっても豊かで面白かったですよね!義勇さん推しにはたまらない!! (8月25日 8時) (レス) id: 0e0c076021 (このIDを非表示/違反報告)
空讃岐 - 分かります!私もアニメをリアタイで見ました!私も義勇さん推しです!私もぎゆしのは地雷です。でも、恋愛じゃなくて仕事仲間としてなら大丈夫なんですけどね(笑) (8月25日 3時) (レス) id: 0f3cd23380 (このIDを非表示/違反報告)
無一郎と義勇が可愛いくて仕方ない隊(プロフ) - 顎の骨割れるw (8月25日 1時) (レス) id: 774efab444 (このIDを非表示/違反報告)
さな(プロフ) - カナヲちゃんの容赦ない蹴りで凄い笑ってしまいました.w (8月25日 0時) (レス) id: 5d24f2ef59 (このIDを非表示/違反報告)
無一郎と義勇が可愛いくて仕方ない隊(プロフ) - 来週私、テスト勉強で、見れないんです。つらい (8月25日 0時) (レス) id: 774efab444 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:3℃ | 作者ホームページ:https://mobile.twitter.com/docee_3  
作成日時:2019年8月20日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。