占いツクール
検索窓
今日:159 hit、昨日:1,396 hit、合計:562,860 hit

>32話 ページ35

【ASide】



炭鉱の中で起こったことを、事細かに、誇大化はせずに、すべてを話した。




学園長「ほほぅ。炭鉱に住み着いた謎のモンスター。それを4人で協力して倒し、魔法石を手に入れて学園に戻ってきたと?」


エース「や、協力したっつーか……」


デュース「たまたま目的が一致したというか……」




学園長さんの言葉に、否定も肯定もせず、あやふやな回答をする二人。



あの時は素直に頷いていたのに、なんでだろ……?




ユウ「エース、デュース……」


グリム「Aが見てるんだゾ」


エース「わ、わかってる!そうだよ、協力した!」


デュース「ユウの作戦でな!上手くいって良かったよな!」




なぜか大声で言うエースくんとデュースくんに、ちょっとだけびっくりしたけれど、ちゃんと、協力して化け物を倒したことを認めてくれた。



すると、学園長さんは頭を抱え、うなり声をあげたかと思うと、突然大声で泣き始めた。




グリム「なんだコイツ!いい大人が突然泣き出したんだゾ!?」


学園長「この私が学園長を務めて早ン十年……ナイトレイブンカレッジ生同士が手と手を取り合って敵に立ち向かい打ち勝つ日がくるなんて!」


『手?繋いでたの?』


デュース「んなっ!?僕はこいつと手なんか繋いでいません!」


エース「オレだってヤだよ気持ちわりーな!」


『………?』


エース「そんなに見つめても繋いでないからな!?つーか学園長、歳いくつ!?」




そういう意味で見つめてたわけではないのだけれど……。



エースくんの質問に答える様子なく、学園長さんは話を続けた。




学園長「私は今、猛烈に感動しています。今回の件で確信しました。ユウくん。貴方には間違いなく猛獣使い的才能がある!」


ユウ「猛獣使い!?どんな才能!?」




突飛な話を持ち掛けられ、ユウくんは驚いた。



ボクも、何が何だかわからない。



猛獣使いって?




学園長「ナイトレイブンカレッジの生徒たちはみな闇の鏡に選ばれた優秀な魔法士の卵です。しかし、優秀がゆえにプライドが高く、我も強く他者と協力しようという考えを微塵も持たない個人主義かつ自己中心的な者が多い」


グリム「ほとんどいいこと言ってねーんだゾ」




学園長でありながらも、自分の生徒に対しての酷評に、グリムも苦い顔をしている。



その学校に通っているボクも、あまりいい気分にはならないけれど、事実そうだったので反論はなかった。

>33話→←>31話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (276 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
812人がお気に入り
設定キーワード:ツイステッドワンダーランド , ツイステ , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

真冬(プロフ) - 優さん» コメントありがとうございます!そう思って頂けると書き手としてとても嬉しいです! (7月1日 8時) (レス) id: 3b7a3734b9 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - めちゃめちゃ面白いと思います!一人一人の特徴を細かく捉えられているので、台本がきで無くても誰が話してるかわかると思います (7月1日 1時) (レス) id: f9f5b33e7e (このIDを非表示/違反報告)
真冬(プロフ) - リンさん» コメントありがとうございます!楽しみに待っててくださいね! (3月28日 15時) (レス) id: 765f5735a2 (このIDを非表示/違反報告)
リン - とても面白かったです!更新楽しみに待ってます。 (3月28日 2時) (レス) id: e3d225ddc4 (このIDを非表示/違反報告)
真冬(プロフ) - MeyAさん» コメントありがとうございます!楽しみにしてもらえて嬉しいです!更新頑張ります! (3月22日 9時) (レス) id: 765f5735a2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:真冬 | 作成日時:2020年3月20日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。