占いツクール
検索窓
今日:161 hit、昨日:3,676 hit、合計:553,377 hit

>25話 ページ27

【ASide】




ユウ「魔法でなんとかならないの?」




ユウくんの質問に、デュースくんは申し訳なさそうに答えた。




デュース「先ほど学園長が言っていた通り魔法は万能ではない。強くイメージ出来なければ魔法は具現化しないんだ。大がかりな魔法や複雑な魔法の使用には訓練が要る」


エース「だから魔法学校があるんだけどね。パッと思い浮かべた通りに魔法を使うにはかなり練習が必要ってワケ。ぶっちゃけ、テンパってるとミスりやすい」


ユウ「みんなテンションで使ってるんだとばかり。だからグリムは火しか出せないんだ」


グリム「んなっ!こ、これからもっとすごい魔法を使えるようになるんだゾ!オ、オレ様はまだ本気出してないだけなんだゾ!」




ユウくんのおかげで、少しだけ空気が和らいだ気がする。



いつの間にか、二人も落ち着いて会話できるようになっていたし。



でも……




デュース「とにかく、僕はなんとかしてあいつを倒して魔法石を持ち帰る」


エース「だーかーら。お前さーシャンデリアの時といい実は相当バカでしょ。さっき全然歯が立たなかったくせに「なんとか」って何?何度やったって同じだろ。それにAだって怪我してるしさ、これ以上危険にさらしてどーすんのさ」


デュース「何だと!?Aはお前を庇って怪我したんだ!お前こそ……」


グリム「また始まったんだゾ」




冷静になったのかと思いきや、またエースくんとデュースくんの口争いが始まった。



今度はボクの名前まで出して、お互いを非難してる……。



誰かの批判材料になるために、身を挺したわけではないのに、そんな風に引き合いに出されるのは、なんだか嫌な気分だ。



でも、その二人に喧嘩をやめさせるように仲裁する勇気なんてものはなく、ただオロオロと喧嘩の行く末を見守っているしかないと思っていたその時、




ユウ「じゃあ全員仲良く退学ってことで」




深海にも負けない、凍てつくような声音のユウくんが、静かに言い放つ。



1ミリの感情も読み取れない声に、ボクを含め、ここにいるユウくん以外の全員が息をのんだ。



今まで黙って物事を見ていたぶん、言葉の重みが半端ない。




グリム「オ、オイユウ。いきなりキツいこと言い出してどうしたんだゾ」


ユウ「そんなんだから2人とも歯が立たないんだよ。もう少し協力しあおうよ」




“協力”という言葉に、二人は顔を顰めた。

>26話→←>24話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (271 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
803人がお気に入り
設定キーワード:ツイステッドワンダーランド , ツイステ , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

真冬(プロフ) - 優さん» コメントありがとうございます!そう思って頂けると書き手としてとても嬉しいです! (7月1日 8時) (レス) id: 3b7a3734b9 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - めちゃめちゃ面白いと思います!一人一人の特徴を細かく捉えられているので、台本がきで無くても誰が話してるかわかると思います (7月1日 1時) (レス) id: f9f5b33e7e (このIDを非表示/違反報告)
真冬(プロフ) - リンさん» コメントありがとうございます!楽しみに待っててくださいね! (3月28日 15時) (レス) id: 765f5735a2 (このIDを非表示/違反報告)
リン - とても面白かったです!更新楽しみに待ってます。 (3月28日 2時) (レス) id: e3d225ddc4 (このIDを非表示/違反報告)
真冬(プロフ) - MeyAさん» コメントありがとうございます!楽しみにしてもらえて嬉しいです!更新頑張ります! (3月22日 9時) (レス) id: 765f5735a2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:真冬 | 作成日時:2020年3月20日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。