占いツクール
検索窓
今日:334 hit、昨日:841 hit、合計:563,876 hit

>15話 ページ16

【ASide】



生き物が逃げ出したことにより、また追いかけっこが始まってしまった。



ていうか、スペードくんの名前は憶えられていないのに、どうしてボクの名前は知ってたんだろう?



ボクたち四人は急いで外に出てしまった生き物を追いかけた。



捕まえられなかったら、きっと困るよね?



生き物を追いかける三人を追い越し、ボクは両足に力を入れて、跳ぶ。




エース「嘘……!?」


デュース「跳躍だけでこんなに跳べるのか!?」




踏み切った数十秒間、海の中に戻ったみたいに、ボクの体は浮き上がり、前へ前へと進んでいくにつれて、もとの重力を取り戻した体が地面と段々接近する。



足が地面に着くころには生き物さえも追い越していた。



これで挟み撃ち!



まだ、人の足には慣れないけれど、頑張って着地した。




「にゃ!?空を飛ぶなんて卑怯なんだゾ!」




そう生き物は騒ぐけど、ボクは空は飛べない。



ただ、前に飛び跳ねただけだから……。



ようやく追いついたトラッポラくんたちが魔法を出そうとするも、上手く息が合わず失敗。



生き物は隙を突いて逃げてしまう。



しかも二回。



生き物を追いかけているうちに、ボクたちは食堂についてしまった。




エース「くそー!ちょろちょろしやがって!」


「へっへっへ!捕まえられるもんなら捕まえてみろ〜だゾ!」


デュース「くっ、シャンデリアに登るとは卑怯だぞ!飛行魔法はまだ習ってないし……A、もう一回跳べたりしないか!?」


『できないことはないよ!で、でも……』




跳んだらあのシャンデリアを壊してしまいそうで……。



ボクが煮え切らない答えをだすと、スペードくんはまたブツブツと悩みこんでしまった。




デュース「何か挟んだり、捕まえたりする……はっ、そうだ!」




何かを思いついたスペードくんが、何を考えての行動なのか、マジカルペンをトラッポラくんに向けた。




エース「何か良いアイデアが……って、おいおい、ちょい待ち!何でマジカルペンこっちに向けてんの?」


デュース「お前を投げればいいんだ!」


『え……!?』


「いやな予感しかしない」




ボクとあの子が絶句している間に、スペードくんの魔法は発動してしまい、ふわりと宙に浮かぶトラッポラくん。




エース「冗談でしょ!?うわわわっ!浮かすな!オレのこと投げる気かよ!?やめろマジで!」


デュース「しっかり捕まえろよ。よく狙って………いくぞ!」

>16話→←>14話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (277 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
811人がお気に入り
設定キーワード:ツイステッドワンダーランド , ツイステ , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

真冬(プロフ) - 優さん» コメントありがとうございます!そう思って頂けると書き手としてとても嬉しいです! (7月1日 8時) (レス) id: 3b7a3734b9 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - めちゃめちゃ面白いと思います!一人一人の特徴を細かく捉えられているので、台本がきで無くても誰が話してるかわかると思います (7月1日 1時) (レス) id: f9f5b33e7e (このIDを非表示/違反報告)
真冬(プロフ) - リンさん» コメントありがとうございます!楽しみに待っててくださいね! (3月28日 15時) (レス) id: 765f5735a2 (このIDを非表示/違反報告)
リン - とても面白かったです!更新楽しみに待ってます。 (3月28日 2時) (レス) id: e3d225ddc4 (このIDを非表示/違反報告)
真冬(プロフ) - MeyAさん» コメントありがとうございます!楽しみにしてもらえて嬉しいです!更新頑張ります! (3月22日 9時) (レス) id: 765f5735a2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:真冬 | 作成日時:2020年3月20日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。