占いツクール
検索窓
今日:390 hit、昨日:882 hit、合計:234,258 hit

*一触即発 ページ34

神宮寺サイド







岸「おい、お前らやめろって、、!」


平野「何?岸くんには関係ないでしょ。」


岸「っ、だからってお前」


平野「ねえ、廉。なんとか言ったら?」


永瀬「…。」


高橋「えっ…ちょっ、」



廉に挑発的な視線を向ける紫耀。

その顔を下唇を噛みながら睨みつける廉。

二人を止めようと必死な岸くん。

戸惑う海人。

そして呆然とそれを見つめる俺。


この後少クラの撮影があるというのに、俺たちのグループの空気は最悪だった。

ことの発端は20分ほど前…







.








.







永瀬「紫耀、どういうつもりなん?」


廉以外の四人が既に揃っていた楽屋に入って来ると、開口一番紫耀に詰め寄った。



平野「ん?なんのこと?」


驚いたように目を丸くしながら紫耀が問いかける。




永瀬「これ。」


廉が俺たちの前に出した一冊の雑誌。
紫耀のインタビューが書かれたページを広げると、


永瀬「ファンの子の間でも噂になってる。紫耀がシノのこと好きなんちゃうかって」


平野「ああ〜なんだ、そのことか」


永瀬「しかもこの間のブログもなんなん?俺知らんかって、さっきマネージャーから聞かされてビックリしてんけど。」


平野「何って、Aちゃんとご飯食べたよってブログに書いただけじゃん。検閲は通ってるし、廉に文句言われたくないんだけど。」


永瀬「好きにしたらって言うたのは俺やけど、そういうあからさまな態度取るとシノが傷つくって思わへんの?」


平野「そうなったら俺が守るし。廉には関係なくない?」


永瀬「あるわ!俺はシノのっ」


平野「親友、だっけ?」


永瀬「…そうや。やから関係なくない。」


平野「俺はAちゃんのことが好きだから、俺のこと好きになってほしいしファンの子にも俺らのこと応援して欲しい。そこにただの親友の廉は関係無いよね?」


永瀬「…」


平野「Aちゃんに気持ち伝える勇気無いからって、俺に八つ当たりすんのやめろよ」


永瀬「は?別にそういうことちゃうし、」


平野「じゃあなんなの?俺はこれまでの関係がおかしくなるのも覚悟してAちゃんに気持ち伝えた。これからも伝え続けるし、振り向いてもらえるように努力する。だから邪魔しないで。」







.

☆→←*岸辺露伴は動かない



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (210 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1502人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らる(プロフ) - あやめるさん» コメントありがとうございます。現在下書きを進めていますので、リクエストに答えるのが遅くなってしまうかもしれませんが、こちらにお願いします! (12月17日 21時) (レス) id: b46fc1d595 (このIDを非表示/違反報告)
あやめる - リクエストってここに書いた方が良いですか? (12月17日 19時) (レス) id: a1493b1ce1 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - 移行おめでとです最高ですコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月12日 9時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らる | 作成日時:2020年12月1日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。