占いツクール
検索窓
今日:248 hit、昨日:805 hit、合計:232,046 hit

*少年たち 千穐楽 ページ24

.






公演終了後、



岩本「シノ」


『岩本くん…』


岩本「手紙、ありがとうな。」


『…いえ(笑)』


岩本「悪かった、無理やりやらせて」


『まあ、ああいう機会無いとちゃんと話すことないからいいきっかけになりました(笑)』


岩本「…シノを守りたいと思ってるのはSixTONESだけじゃねえから、何かあったら言えよ。」


『はい。ありがとうございます。』


岩本「じゃ、お前と話したそうなやついっぱいいるから俺先行くわ(笑)」


『え?』


ラウール「シノちゃんっ!」


『あ、ラウールくん!』


目黒「シノちゃん、お疲れ様でした。」


『目黒くんも。お疲れ様。二人とも、よくがんばったね〜』


ラウール「いつかシノちゃんに追いつけるように俺、頑張りますからっ」


目黒「シノちゃんは黙って俺に守られててくださいね。」


『ふふ…嬉しいな。本当にありがとうね。SnowManのお兄ちゃんたちのこと、宜しくね。』


目黒「はい。」


ラウール「はいっ!」


佐久間「しーのっ!」


『佐久間くん、お疲れ様でしたっ』


佐久間「いや〜俺照れちゃったよ(笑)まさかあんな風に言ってもらえるなんてさ!」


『本音ですよ?』


佐久間「分かってるけどさ!思ってもみなかったこと言われるとついね(笑)」


『これからも宜しくお願いしますねっ』


佐久間「何でも言っちゃってよ!」


宮舘「あれ、二人何してるの?」


佐久間「ちょっとお話〜、ね!あ、でも俺はもう行くよ!」


『だてさん、どうしたの?』


宮舘「いや…シノのこと探してた。」


『あ、わたし?』


宮舘「うん。俺にとってシノはずっと大切な女の子だからね。それはこれからも変わらないよ。」


『ふふ、、ありがと。やっぱり面と向かって女の子扱いされると恥ずかしいな(笑)』


宮舘「これからも俺たちの可愛い妹でいてね。」


『うん、これからも宜しくね。』


阿部「あれ…お取り込み中だった?」


宮舘「ううん、今終わったところだよ。またね、シノ。」


『うん、またねだてさん。』


阿部「ごめんね、割り込んで」


『全然だよ。それにしてもみんな示し合わせたように順番に来るね(笑)』


阿部「やっぱりそうなんだ(笑)シノと話したいんだよ、みんな。」


『有難いなあ。すごく大切にされてるね、わたし。』


阿部「当たり前だよ。みんなシノをそれぞれ尊敬してて大好きなんだから。」


『わたしも、みんな大好き。』







.

☆→←☆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (209 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1506人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らる(プロフ) - あやめるさん» コメントありがとうございます。現在下書きを進めていますので、リクエストに答えるのが遅くなってしまうかもしれませんが、こちらにお願いします! (12月17日 21時) (レス) id: b46fc1d595 (このIDを非表示/違反報告)
あやめる - リクエストってここに書いた方が良いですか? (12月17日 19時) (レス) id: a1493b1ce1 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - 移行おめでとです最高ですコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月12日 9時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らる | 作成日時:2020年12月1日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。