占いツクール
検索窓
今日:241 hit、昨日:262 hit、合計:228,668 hit

ページ22

.






こちくん。SixTONESの中でも人一倍わたしに気を使って接してくれていたのがこちくんでした。実はそれを幼いながらに他人行儀に感じて少し寂しいなと思っていました。これまでわたしのことを大事に、大事にしてくれて本当にありがとう。

えっと…初めてこちくんの車でドライブをしたときに車内で話したことを覚えてますか?覚えてないかなあ。もう5年近く前のことだもんね。あのときこちくんが最後にわたしにした質問の答え、曖昧なままで答えを濁してしまってごめんなさい。今なら自信を持って答えられそうだから、今からでも返事、遅くないかな?(振り返る)こちくん、答えは「はい」だよ。






…じぇす。一緒にJr.のセンターに立ったことも少なくなかったね。あの頃はわたしたちも子どもだったから周りの人たちの期待に押しつぶされそうになりながら「でも負けるもんか」って踏ん張ってきたね。じぇすの明るさに何度助けられたか分かりません。

じぇすがいなければ、わたしはここに立っていなかったと思います。あのときのじぇすの言葉から、SixTONESは始まったんだから。ありがとう。わたしを諦めないでくれて。どんなときだって一番にわたしを信じてくれてありがとう。これからも、SixTONESの道標は貴方です。







たろちゃん。初めてたろちゃんに会ったとき、まさか年上だとは思っていませんでした。めちゃくちゃ小さくて可愛かったからね。今ではこんなに立派な男性に成長して、時の流れは早いなとふと感じたりもします。

わたしにとってたろちゃんは、いつも何も言わずにそっと手を差し伸べてくれる、そんな存在です。年下のわたしを「お姉ちゃん」と慕ってくれるたろちゃんはとても可愛いし、ありがたいなとその優しさについ甘えてしまうこともあります。たろちゃんがたろちゃんらしくいられる場所がSixTONESであればいいなと思うし、これからもたろちゃんは大切な大切な弟です。だから辛くなったらいつでもわたしのところにおいで。これは二人の約束だよ。







.

☆→←☆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (208 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1509人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らる(プロフ) - あやめるさん» コメントありがとうございます。現在下書きを進めていますので、リクエストに答えるのが遅くなってしまうかもしれませんが、こちらにお願いします! (12月17日 21時) (レス) id: b46fc1d595 (このIDを非表示/違反報告)
あやめる - リクエストってここに書いた方が良いですか? (12月17日 19時) (レス) id: a1493b1ce1 (このIDを非表示/違反報告)
美紀 - 移行おめでとです最高ですコロナウイルスに気をつけてくださいね (12月12日 9時) (レス) id: 8204dae0fb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らる | 作成日時:2020年12月1日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。