占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:12 hit、合計:3,294 hit

よん ページ7





「どく?」



捜査に手伝ってほしい、と土方さんに呼ばれ屯所にやってきたのいですが...

沖田さんに呼ばれたかった...じゃなくて!




「そんなテロがあったんですね。」

「あぁ」



なんでも、2週間前に飲食店でテロがあったらしい。そのテロでは、爆弾に毒物らしきものが入っていたらしく。その爆弾のせいで被害者がたくさん出たみたい




全然知らなかった..



それで、ある隊士さんが現場から爆弾らしきものを見つけたけど調べ方が全然わからないそうだ


結局、その攘夷浪士も捕まえられなかったから、もしかしたらその爆弾が手掛かりになるかも、ということで専属医師の私に調べて欲しいと。




「やってくれるか?」


「よろこんで!ここのところ暇してたんですよ」





これで、しばらく暇ではなくなるはずだ。



「様子見に時々隊士をおくらせる」

「じゃあ、捜査に手伝う条件として様子見には沖田さんをつれてきて下さいよ!」




沖田さんが来てくれたら、なんか頑張れる気がするぞ。



「あ!あと屯所に呼ぶ時もお願いします」


「ああ、わかった。様子見とお前を呼ぶ時は総悟にいかせる」



「ありがとうございます!」



土方さんって顔怖いけど結構いい人なんだなぁ




「では、失礼しますね」







沖田さんが来てくれるんだ、頑張って調べないとな。

ご→←さん



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
19人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 沖田総悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蜜柑 | 作成日時:2018年3月25日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。